相澤謙一郎ブログ「22世紀にのこる ものつくりを志して!」

相澤謙一郎の理念  一、無から有を生みだす。 一、顧客の笑顔=商品の付加価値=利益 一、世のため人のためになる事をする。それ以外はしない。 一、変化を恐れない改革者であり続ける。 一、従業員はもとより、家族、親族、近隣住民を大切にし、彼等から信頼される企業となり、人となる。

三浦半島を味わう。三崎のまぐろ、三浦半島の野菜、よこすか海軍カレーを届けたい!

三浦半島

新型コロナウィルスの影響は人ごとじゃない。「できることはやろう。」ということで挑戦したクラウドファンディング。この投稿を書いている時点であと18時間。124人の方々に1,748,000円という多大なご支援をいただいています。支援いただいた方もご事情は色々とあるはず。そんな中、ご支援いただき本当にありがとうございます。今月中にはご自宅に三浦半島の自慢の食材をご自宅にお届けます。
三浦半島を味わう。三崎のまぐろ、三浦半島の野菜、よこすか海軍カレーを届けたい!
https://camp-fire.jp/projects/view/278261

魚音

マグロ

まぐろサク盛
食卓写真1

94884294_657961795045152_531252240078340096_n

松坂屋

横須賀ビール

海軍カレー

横須賀ビール

カヤック@鎌倉の柳澤さんに教えてもらった「ジブンゴト化すると面白くなる」という言葉。これに尽きるなと。IT屋が、なんでマグロ売るの?野菜売るの?ビール売るの?カレー売るの?そんなことやってる余裕あるの?1ミリも余裕なんてあるわけない(笑)

「できることはやろう。」と「ジブンゴト化すると面白くなる」で十分、説明がつく。それは実際に地元の先輩たちの姿を見てきたから。新型コロナウィルスの影響は人ごとじゃない。ではどうやって飲食業界、観光業界、生産者の皆さんを支援できるのか?相当に厳しい状況であることは明らか。一応、20年以上経営もやってきているので、もろもろの助成金や補助金はありがたいのだが、瞬間で消えてしまうこともわかっている。

でも黙ってはいられない。で挑戦したクラウドファンディング。一つのゴールは目標の達成。あと1,252,000円。「目標未達は万死に値する」とか言っていた元営業マネージャーとしては情けない数字となっています。反省点を挙げればキリがないけど、これが今できる自分のできること。

実を言うと昨日24時で終了だと勘違いしていたが、なんとあと17時間ある!(書きはじめてからけっこう時間が経過してしまった。。。)営業マン時代の秘伝の術を使うしかない。これです。

お願い営業


今できることはお願いしかありません。ご支援、シェア、毎日のようにお願いしてきましたが最後のお願いです。魅力あふれる三浦半島をぜひジブンゴト化していただき、三浦半島の仮想住民になったつもりでご支援をお願いします。スペシャル特典としてご支援いただいた方には三浦半島にお越しの際、相澤が無料でオンラインアテンドさせていただきます。どんな質問にも相澤なりに答えを出しますので、なんでも質問してください。(わからない内容でも自分なりの見解でお答えします。)
三浦半島を味わう。三崎のまぐろ、三浦半島の野菜、よこすか海軍カレーを届けたい!
https://camp-fire.jp/projects/view/278261

今日も普通の日常を発信することで三浦半島の魅力を発信してきます。この世の終わりと言うぐらい今更ですが、数年ぶりにInstaも復活して、なにが起こるか実証実験してみます。
https://www.instagram.com/yokosukasprits/
「できることはやろう。」、「ジブンゴト化すると面白くなる」おすすめです。
三浦半島

リモートワークでリアル三国志!? 〜地方に眠っている諸葛亮をさがせ〜【タイムカプセル大学 Vol.1】

タイムカプセル大学1

今週からはインタビュー形式でお届け。3年目のアカリのインタビューに、学長アイザワはどのように答えるのでしょうか。

――タイムカプセルはいつから複数の拠点での事業をはじめたのでしょうか?
まずご縁があって岐阜で創業し、その後、函館や横須賀にも拠点を作っていきました。そこで手応えを感じたので、全国に拠点を増やして全国制覇!を目指すようになりました。

――今現在、アイザワさんは都内在住、本社は岐阜ですが、創業時はアイザワさんは岐阜で暮らしてたんですか?
東京は妻の実家の近くで、創業したときからずっと自宅はその辺りです。とはいえ、創業時は週に2日は社員と一緒に共同生活(メゾン東大垣という団地で)を送っていました。でも、半分以上は離れて業務していましたね。

――最初から離れていたんですね!リモートワークだからこそのトラブルとかあったんでしょうか?
やっぱり最初はコミュニケーションミスが多発しました。それに、相手がどういう状況で仕事をしているかが見えないので、適切に仕事を振ることも出来ず、出勤一時間後に「ところで今日は何をすれば良いんですか?」と連絡が来て絶望したこともあります。
でも、勇気づけられたこともありました。

――どんなことがあったんでしょうか?
大垣商業高校でアプリ開発講座を担当していたんですが、そこで知り合った佐藤さんという高校生が、プログラミングを通してAIに興味を持ったんですね。それでAIに強い教授のいる、はこだて未来大学に進学したんです。彼は(進学が決まった後)高校時代にうちでアルバイトしていたので、ある時、函館まで様子を見に行ってみたんですよ。そこで、「学校にプログラミングできる人がたくさんいるから、働いてもらったらどうか」と提案を受けました。じゃあやってみようとなって、マンションの一室をオフィスにしたら、数ヶ月でメンバーが10人くらいになったんですね。短期間で10人の開発チームを作るのは都内では難しいです。この体験を通じて地方に可能性を感じました。函館では、今でも新卒採用やアルバイト採用を毎年行っています。

――そんなに簡単にオフィスが増えるんですね…!?笑
はい。自分も全く想像していませんでした(笑)人の出会い、つながり、ご縁に身を委ねると、全く想像しないことが起こるので、今ではそれを楽しんでいます。もちろん、近くにいないと体調不良やちょっとした異変にすぐに気が付かないというデメリットはあるものの、いろんな可能性のあるメンバーと働けるという夢があります。
僕は信長の野望や三国志が大好きなんです。

――信長の野望?
コーエー(コーエーテクノゲームス)が出している、歴史シミュレーションゲームです。僕は信長の野望や三国志が大好きで、50回くらいクリアしてるんですよ。
コーエー_相澤謙一郎

――あの、アイザワさん……?
武将がどの年次にどの地域にあらわれるか、完全に把握しています。まだ登用されていない有力武将を見つけた時はやった!!!って思いますよね。三国志も信長の野望もバラツキはありますが、全国に有能な武将が時代を追って登場してきます。

リアルもそうなんです。素晴らしい人材は、どこに眠っているかわからない。ゲームのように攻略方法もない。だから、自分は全国に拠点を作って、新しい出会いを繰り返して、まだ見ぬ天才を見つけたいんです!!

現代の諸葛亮は、あなたかもしれない!!!!!

【アスリートのエンジニア化】プロジェクト開幕

スポーツ(試合)ができない。教室でプログラミング講座を開講できない。それならば、スポーツができないアスリートの皆さんにオンラインでプログラミングを学んでいただこう!そんな体育会系ポジティブシンキングで【アスリートのエンジニア化】プロジェクトが開幕!

すでにプロテニスプレーヤーの秋山みなみ選手がWEB制作を学び、ご自身の公式サイト開発に着手しています。道を極めたアスリートだからこそ実現できるクリエイティブの世界がある。アスリートはすごい!それをITの世界でも表現していきます。

興味のあるアスリートの皆さま、プロスポーツチームの皆さま、相澤まで連絡ください。新しい道を切り拓きましょう。
スポーツフィールド

「スポーツ×ITで地域活性化」をミッションに活動するタイムカプセル株式会社(所在地:岐阜県岐阜市 代表取締役:相澤謙一郎)は、スポーツ人財のキャリア支援などを始め、「スポーツの可能性を様々なフィールドで発揮する」株式会社スポーツフィールド(本社:東京都新宿区 代表取締役:篠 克志)と「アスリートのエンジニア化」のために、共同でプログラム開発をスタートいたしました。

各種スポーツチームに在籍している現役のアスリートが現状の就業先や収入面のみならず、引退後の多様な選択肢が得られるようなサポートが今まさに必要だと感じております。ビジネススキルの向上を図りつつ、現役中の就労支援(デュアルキャリア)や引退後の就労支援(セカンドキャリア)を二社で実現すべく、協業パッケージとしてまとめ、今後展開してまいります。

■トライアル第一弾
プロテニスプレーヤーの秋山みなみ選手がトライアルでホームページ作成プラグラムに参加しております。なお、トライアルのプログラム受講終了後も、二社で中長期的にサポートしてまいります。

秋山みなみ選手にはWEB制作講座を受講いただき、HTML、CSS、Ward Pressのカスタマイズを学んでいただきました。現在、ご自身の公式サイトの制作を進めています。
akiyama_minami

■タイムカプセル株式会社
URL:https://timecapsuleinc.org/
「スポーツ×ITで地域活性化」をミッションに活動しております。プロ野球12球団&侍ジャパン公式ライセンスアプリ、サッカー日本チーム公式ライセンスアプリ、横浜F・マリノス公式アプリ、阪神タイガース承認アプリ、楽天イーグルス公式アプリの一部、東京六大学野球連盟公認アプリなどの開発・運営実績があります。「地域のスポーツチームが元気になれば、その地域も元気になる!」を合言葉に日本全国のスポーツチームの活動をITを通じてサポートさせていただいております。

■株式会社スポーツフィールド
URL:https://www.sports-f.co.jp/
「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、スポーツが持つ可能性を様々なフィールドで発揮し、個人、法人、地域社会、そして日本の発展に貢献すること」を理念として掲げ、スポーツの持つ可能性を様々なフィールドに展開すべく、多領域で事業展開しています。

■会社概要
商号:タイムカプセル株式会社
所在地:(本社)〒500-8328 岐阜県岐阜市五反田町10番地3階
代表者:代表取締役 相澤謙一郎
事業内容:アプリ開発支援プラットフォーム『タイムカプセルソリューション』事業、人材育成事業
URL:https://timecapsuleinc.org/

■お問い合わせ先
タイムカプセル株式会社
〒500-8328 岐阜県岐阜市五反田町10番地3階
Tel:058-214-9760(代表) Fax:058-214-9761
スポーツフィールド

苦手意識のある分野に対して心がけるべきこととは?【入社3年目の悩み相談。 Vol.6】

苦手意識

弱点や、苦手意識のある物事・分野に対して、心掛けていることはありますか?(18歳 新入社員)
https://note.com/timecapsuleinc/n/n500446cd8443

アカリ
私も普段の業務がデザイン中心なので、プログラミングに少し苦手意識があるのでどうしても避けちゃいます。

アイザワ
誰でも得意不得意はあります。ただ苦手なことは練習や工夫をすることで少しずつできるようになっていきます。もちろん私も得意なことだけじゃなくて苦手なことがたくさんあります。それでは仕事をする中で少しずつ改善して出来るようになった経緯を少しお話ししますね。

アカリ
アイザワさんってある程度なんでも出来そうなイメージなので、ぜひ聞きたいです。

アイザワ
例えば今はお客様や講義など人前で話す機会がかなり多いですが、実は昔は話すことが苦手でした。それを考えると今話す仕事をしているのがかなり意外に思ってます。

アカリ
え!!!そうなんですか?全然、話すのが苦手だったように見えないです。

アイザワ
自分が高校生の時は登校してから部活が始まるまで一言も話さないくらい無口でした。休み時間は寝ているか早弁で、部活と共に1日がスタートするみたいな(笑)

アカリ
何がきっかけで変わられたのですか?

アイザワ
社会人になってですね。本を作る仕事に携わりたいと思ってフリーペーパーやムック本を発行する会社に入社したんです。新入社員全員が営業に配属される営業メインの会社とは知らずに入社してしまったのがきっかけです。

アカリ
え!それはびっくりですね。

アイザワ
そうなんですよ。入社初日から電話帳片手にテレアポし続けたり、毎日何十件と飛び込み営業を続けていたら、いつの間にか話せるようになってました。そこは一つできなかったことができるようになった経験ですね。

アカリ
すごいですね。やっぱり慣れるには経験ですかね?

アイザワ
そうですね。思い返すとやらざるを得ない環境に身を置く事と反復練習する事は苦手意識を克服する方法の一つです。今となっては笑い話ですが、当時はかなり大変だった中国に会社を設立した時の話があるので、次週にお話ししますね。
苦手意識

第29回イチロクカンファレンス-先輩スタートアップから学ぶ急成長の秘訣-『たった一杯で、幸せになるコーヒー屋』

20200217イチロクカンファレンス

2月17日(月)第29回イチロクカンファレンス「先輩スタートアップから学ぶ急成長の秘訣」を開催します!!

今回のゲストスピーカーは、コーヒー業界に新しい旋風を起こしてきた猿田彦珈琲株式会社 代表取締役 大塚朝之さんをお招きし、トークセッションをおこないます!コンセプトは、『たった一杯で、幸せになるコーヒー屋』を掲げ、日本初のコーヒーブランドとして躍進中です。

<ゲスト>
猿田彦珈琲株式会社 代表取締役 大塚朝之氏

<プロフィール>
1981年9月22日生まれ。東京都調布市で生まれ育ち、15歳から俳優業を志す。25歳のときに役者を諦めると同時に、コーヒー豆販売店に従事したことからコーヒーへ没頭する。高品質のスペシャルティコーヒーをたくさんの人に届けたいと決意し、コーヒー専門店のカフェを開くことを決意。2020年2月現在 東京都内を中心に国内14店舗、台湾3店舗を展開中。『たった一杯で、幸せになるコーヒー屋』をコンセプトに、ホスピタリティを軸とした高品質コーヒーの究極を目指した日本発のコーヒーブランドとして躍進中。

当日は、大塚氏の実績と経験を基に、ご参加いただいた皆さんとのQ&Aのトークセッションをメインに進めていく予定です。業界に新しい風を起こしたい!という方も多いと思いますが、資金調達や経営難をどう乗り越えてきたかなど、必ずヒントが得られるはず!スタートアップを目指している方はもちろん、既に企業を経営されている方、これから創業しようとしている方必見です!!

日時:2月17日(月)
時間:19:00〜(受付18:30〜)スタート
トークセッション「先輩スタートアップから学ぶ急成長の秘訣」
   20:10〜 ネットワーキング
場所:16Startups
   (横須賀市小川町19-5 富士ビル3F)
参加費:なし(懇親会参加の方は2000円)
定員:50名 ※先着順
申込:https://www.facebook.com/events/204592210728911/

イチロクカンファレンスは、定期的に毎月開催していきます!5名のイノベーターに登壇→先輩スタートアップによるセミナーを毎月交互に開催!次回はみんなの前でプレゼンしたい!と言う方も、ぜひお越しください!
イチロク

シンシナティでも輝け!横須賀のスーパースター秋山翔吾選手!

横須賀(大津町出身)が生んだ希代の安打製造機、秋山翔吾選手。米大リーグ、シンシナティレッズとの契約がまとまったようです。秋山翔吾選手おめでとうございます!元ハンドボーラーとして縁の深い横浜創学館出身の秋山翔吾選手へ横須賀からエールを送り続けます!
■レッズ、秋山と3年23億で契約 西武からFA、背番号は4
https://this.kiji.is/587065967550809185

■「横須賀から甲子園へ」 秋山選手が恒例の野球教室
https://www.townnews.co.jp/0501/2020/01/01/512298.html

横須賀市民の皆さんには秋山翔吾選手だけでなく、秋山翔吾選手の横須賀の先輩たち(同級生)が切り開いてきたプロ野球への道があることもぜひ記憶に留めていただきたいです。

内藤 雄太(横須賀出身)
横浜商工(横浜創学館高) - 八戸大 - 横浜DeNAベイスターズ
http://npb.jp/bis/players/81085112.html

早坂 圭介(横須賀出身)
横浜商工(横浜創学館高) - 千葉ロッテマリーンズ
http://npb.jp/bis/players/51455117.html

坂田 遼(横須賀出身)※秋山翔吾選手の2学年先輩
横浜創学館高 - 函館大 - 埼玉西武ライオンズ
http://npb.jp/bis/players/01705118.html

高橋 徹(横須賀出身)※秋山翔吾選手の2学年先輩
横浜創学館高 - 福岡ソフトバンクホークス
http://npb.jp/bis/players/11915110.html

北野 洸貴(横須賀出身)※秋山翔吾選手の同級生
横浜創学館高 - 神奈川大学 - 東京ヤクルトスワローズ - 警視庁野球部
https://www.iza.ne.jp/kiji/sports/news/181204/spo18120415300056-n3.html

YRPにおけるオープンイノベーションを考える「YRPカンファレンス」開催

YRPカンファレンス

株式会社マチノベ(本社:横須賀市、社長:相澤 謙一郎、以下 マチノベ)とヨコスカバレー構想実現委員会(会長:水野 堅市)は、2020年1月17日(金)に、横須賀リサーチパーク(所在地:横須賀市、以下 YRP)において、「YRPカンファレンス」を初開催いたします。

これは、マチノベが横須賀市内で運営するシェアオフィス「16Startups」にて毎月開催しているトークイベント「イチロクカンファレンス」をYRPで実施し、YRPでのオープンイノベーションによる新たなビジネスの創出を図ることを目的としたものです。

「YRPカンファレンス」では、将来の移動通信などが体験できるNTTドコモR&Dセンタ展示ホール「WHARF」や、産業ガスなどエネルギー開発の研究施設である日本エア・リキード株式会社の「エア・リキード東京イノベーションキャンパス」など、YRP内施設を見学し、トークイベントでは京急電鉄、富士通株式会社、株式会社ニフコの新規事業担当者を招いて、YRPの活性化や新たなビジネスの創出の取り組みをご紹介していきます。

これらの取り組みを通じて、横須賀市におけるオープンイノベーションを推進し、地域の活性化を目指してまいります。
「YRPカンファレンス」について
1.日 時 2020 年1月 17 日(金)12:30〜20:00
12:00 受付開始
12:30〜18:30 YRPカンファレンス
・株式会社NTTドコモR&Dセンタ 展示ホール「WHARF」見学
・日本エア・リキード株式会社「エア・リキード東京イノベーションキ ャンパス」見学
・YRPベンチャー棟,YRPセンター1番館見学
・イチロクカンファレンス(各ゲストスピーカーによるピッチ)
【登壇者】
京急電鉄 新規事業企画室 橋本雄太
富士通株式会社 法務・知財・内部統制推進本部 知的財産イノベーション統括部ビジネス開発部 田口有悟
株式会社ニフコ ホームソリューションカンパニー 営業部 マーケティングチーム 渡邉啓

18:30〜20:00 交流会(自由参加)
※スケジュール・登壇者は変更する場合があります。

2.場 所
YRPセンター1番館2階 第1会議室(横須賀市光の丘3−4)
※交流会はYRP内ローズテリア(横須賀市光の丘3−3)にて実施

3.募集人数
50 名(先着順)

4.参 加 費
無料 ※交流会参加者は 2,000 円/人(税込)

5.申込期間
2019 年 12 月 20 日(金)〜2020 年1月9日(木)
※募集人数に達し次第,受付を終了いたします。

6.申込方法 専用フォームから必要事項を記入のうえ,お申し込みください。
http://www.yokosuka-valley.com/20200117_form/

<参 考>
1.ヨコスカバレー構想実現委員会について
2015 年7月に発足した,雇用・所得の拡大,定住促進,イノベーションの推進に向けて 横須賀にICT企業の誘致・集積を目指す「ヨコスカバレー構想」の実現を目指すグループ。 2017 年には横須賀市IoT推進ラボとして経済産業省の選定を受け「10 年,100 社,100 億 を横須賀へ!」を目標に起業推進・企業集積と人材育成のイベントなどの活動を続けている。

2.「16Startups」について
クリエイター,フリーランサー,ベンチャー企業にオフィススペースを提供するとともに, 創業支援,ビジネスサポートを行っている。経営相談,法律相談,企業同士のマッチングも バックアップ。横須賀から世界に挑む人材を生み出すことをミッションとしている。
YRPカンファレンス_リーフレット

【忘年会】12/16(月)第27回イチロクカンファレンスを開催!

20191216イチロクカンファレンス

12月16日(月)第27回イチロクカンファレンス「先輩スタートアップから学ぶ急成長の秘訣」を開催します!!タイトルは、「妊活・不妊を社会全体でサポート!多数のピボットを繰り返しながら見えてきたサービスのあり方」

今回のカンファレンスは、スタートアップとして業界に新しい風を起こしてきた先輩スタートアップをお招きし、トークセッションをおこないます!

ゲストは、株式会社ファミワン 代表取締役CEO 石川勇介さんです!!石川さんの略歴ですが、1982年、愛知県犬山市出身。自身の妊活で強く感じた課題を解決するため、2015年に株式会社ファミワンを創業。前職の国内最大級の医師向け情報提供企業のエムスリーでは、新規事業「AskDoctors評価・開発支援サービス」の担当として企画、営業、運用まで全て実施。優しい長男と元気な長女の二児の父。家庭では土日の料理、ゴミ捨て、洗濯担当。妻には頭があがらない。
https://famione.com/

当日は、石川氏の実績と経験を基に、ご参加いただいた皆さんとのQ&Aのトークセッションをメインに進めていく予定です。スタートアップ企業を目指しているが、資金調達や経営難をどう乗り越えてきたかなど、必ずヒントが得られるはず!

スタートアップを目指している方はもちろん、既に企業を経営されている方、これから創業しようとしている方必見です!!
日時:12月16日(月)
時間:19:00〜(受付18:30〜)スタート
   トークセッション「先輩スタートアップから学ぶ急成長の秘訣」
   20:10〜 忘年会
場所:16 Startups
   (横須賀市小川町19-5 富士ビル3F)
参加費:なし(忘年会参加の方は2000円)
定員:50名 ※先着順
申込:https://www.facebook.com/events/520520738542755/

イチロクカンファレンスは、定期的に毎月開催していきます!5名のイノベーターに登壇→先輩スタートアップによるセミナーを毎月交互に開催!次回はみんなの前でプレゼンしたい!と言う方も、ぜひお越しください!
イチロク

11/16(土)第26回イチロクカンファレンスを開催!

イチロクカンファレンス20191116

11月16日(土)第26回イチロクカンファレンスを開催します!!「まちにイノベーションを起こす!」ことをテーマに、三浦半島をベースに活動する方々がプレゼンテーションします!

今回のスピーカーもアクティブに行動している方々のキャスティング!ますますホットなイベントになりつつあるイチロクカンファレンスをぜひお見逃しなく!!

<登壇者紹介>
「急成長ベンチャー「NewsPicks」の成長を支える企業文化」
飯塚 靖大 氏(株式会社ニューズピックス ブランドデザインチーム シニアマネージャー)

「地域を巻き込む、世界と繋がるランコミュニティ「parkrun」を横須賀へ」
大森 英一郎 氏(株式会社ラントリップ 代表取締役)

「海の女性ネットワーク/Women for One Ocean」
渡部 裕美氏(海の女性ネットワーク)

「横須賀xF・マリノスプロジェクトの今」
木村 文彦 氏(横須賀xF・マリノスプロジェクト)

『人事・労務のプロ!社労士が教える「社員を雇ったらこれをやりなさい!」』
飯田 秀実 氏(HRT社労士オフィス)


登壇者のトークにはきっと「まちにイノベーションを起こす」ヒントがあります。そのヒントはビジネスや各種団体の事業、ひいてはご自身の人生にも繋がってくるかもしれません!入場無料なのでお気軽にご参加ください!

いっしょに行動を起こしていきたい!何かやってみようかな!どんなことをするのか覗いてみよう!など、まだイチロクに来たことがない方でも大歓迎!

日時:11月16日(土)
時間:19:00〜 スタート、プレゼン(受付18:30〜)
   20:30〜 懇親会
場所:16 Startups
   (横須賀市小川町19-5 富士ビル3F)
参加費:なし(懇親会参加の方は2000円)
定員:50名 ※先着順
申込:https://www.facebook.com/events/2717440281611364/


イチロクカンファレンスは、定期的に毎月開催していきます!今月は5名登壇のプレゼンイベント、来月は先輩スタートアップを招いたトークセッションを開催します!隔月でパターンを変えて開催しますのでお楽しみに。

次回はみんなの前でプレゼンしたい!と言う方も、ぜひお越しください!
イチロク

9/16(月)第24回イチロクカンファレンスを開催!

イチロクカンファレンス20190916

9/16(月)第24回、イチロクカンファレンスを開催します!!

「まちにイノベーションを起こす!」ことをテーマに、三浦半島をベースに活動する方々がプレゼンテーションします!

今回はなんとイチロクを離れて、久里浜に出張して開催します!特別版ということもあり、登壇者も7名の方々に登壇いただきます!もちろんアクティブに行動している方々をキャスティング!ますますホットなイベントになりつつあるイチロクカンファレンスをぜひお見逃しなく!!

会場のホールは、合計130名を収容できる素晴らしいホールで100席は埋めたいと思います!ぜひお友達をお誘い合わせの上、ご参加いただければ幸いです!

<登壇者紹介>
久里浜商店街協同組合 理事長 森下守久 氏
「久里浜商店街の新しい取り組み〜キャッシュレス導入事例等〜」

一般社団法人sukasuka-ippo代表理事 五本木 愛 氏
「地域で活用できる認可外託児所「sukasuka-nursery」」

空き家レンジャー 代表 ピンク 加藤 太一 氏
「空き家レンジャーが横須賀に進出!?」

N-Sports tracking Lab合同会社 代表社員 CEO 横井 愼也 氏
「すべてのマリンスポーツの常識を変える! デジタルトレーニングとマルチアングル観戦への挑戦」

コミュニティナース/横須賀まちの保健室プロジェクト代表 小松 亜矢子 氏
「まちの保健室、これまでとこれからの話」

一般社団法人リンクセクタ 代表理事 阿部 敏博 氏
「まちの「女子力」」

株式会社ヤチヨ 代表取締役社長 鈴木孝博
「調整中(お楽しみに)」

登壇者のトークにはきっと「まちにイノベーションを起こす」ヒントがあります。そのヒントはビジネスや各種団体の事業、ひいてはご自身の人生にも繋がってくるかもしれません!入場無料なのでお気軽にご参加ください!

いっしょに行動を起こしていきたい!何かやってみようかな!どんなことをするのか覗いてみよう!など、まだイチロクに来たことがない方でも大歓迎!
日時:9月16日(祝)
時間:15:00〜 スタート、プレゼン(受付14:30〜)
   17:30〜 懇親会
場所:湘南信金久里浜ホール 3F(横須賀市久里浜4-8-17)
参加費:なし(懇親会参加の方は3000円)
定員:100名 ※先着順
申込:https://www.facebook.com/events/2452355238341286/

イチロクカンファレンスは、定期的に毎月開催していきます!今月は5名登壇のプレゼンイベント、来月は先輩スタートアップを招いたトークセッションを開催します!隔月でパターンを変えて開催しますのでお楽しみに。次回はみんなの前でプレゼンしたい!と言う方も、ぜひお越しください!
イチロク
月刊相澤謙一郎ブログ
QRコード
QRコード
お知らせ
1.記載されている内容は、株式会社ぱど、ならびにぱど関連会社の考え方ではなく、あくまで相澤謙一郎の個人的見解によるものです。なお相澤謙一郎は2008年6月30日をもって株式会社ぱどを退職しております。

2.コメント、TB(トラックバック)は、基本的に大歓迎です。その際、コメントを頂ければ幸いですが、勿論、コメント無しでも構いません。

3.ただし、記事の内容に関係のない、あるいは不適切なTB(アダルトTB含む)、コメントは予告無く削除させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

4.基本的にリンクフリーですが、ご一報頂ければ幸いです。
メニュー
Twitter Widgets
関連書籍
ブログランキング
にほんブログ村 ベンチャーブログへ
最新コメント
ぱどタウンティッカー
  • ライブドアブログ