相澤謙一郎ブログ「22世紀にのこる ものつくりを志して!」

相澤謙一郎の理念  一、無から有を生みだす。 一、顧客の笑顔=商品の付加価値=利益 一、世のため人のためになる事をする。それ以外はしない。 一、変化を恐れない改革者であり続ける。 一、従業員はもとより、家族、親族、近隣住民を大切にし、彼等から信頼される企業となり、人となる。

ミクニの奇跡

今朝から「ミクニの奇跡」を読み返している。著者は、ブルースをやっていた頃の先輩、カメラマン石井氏の紹介で知り合い、お世話になっている松木事務所代表松木直也氏だ。
当書では、米屋の丁稚奉公からフレンチ料理界で世界にその名を響かせるシェフ、三國清三氏の軌跡(奇跡)を綴っている。三國氏の常に現状をよしとしない向上心、世界中のライバルに負けまいとする競争心、そして何よりも夢に向かってひたむきに挑戦し続ける姿は、業種を通り越して、男の生き様に感服させられる。
三國氏の料理には、そんな生き様が、根深く染み入っている事だろう。変な力を肩肘に入れずに、彼の料理が食べれるようになってみたいものだ。


ミクニの奇跡

手作り蝋燭

2005-0417-1620.jpg谷中の重鎮の誕生日を祝う会に蝋燭を手作り。板状のローソクを長方形サイズに裁断し、2本まとめてねじり上げると、簡単に出来上がる。
2005-0417-1809.jpg点灯、ハッピーバースデー!

肴.jpg花見の肴なり。日向鶏、うずら、ししとうなどを七輪で炙る。

谷中の八重桜

2005-0416-1641.jpg谷中妙福寺の八重桜が満開。谷中の友人宅からの眺め。先週に引き続き花見なり。

わんタン

4月1日よりオープンした弊社の ぱどタウンローカルコンテンツ「わんタン」が昨日の日経流通新聞に掲載されました。続きを読む

アクションクリック株式会社様より学ぶ事

昨日、セミナーで平素より大変お世話になっているアクションクリック株式会社代表取締役松本社長にお会いした。成果報酬型広告を取り扱うアクションクリック社は、Web・モバイルメディアの広告空き枠を無くすという点に着眼し、通常のアフィリエイト広告と異なり、媒体社側に広告枠を選択する権利があり、空き枠が発生した場合、スピーディーに枠を埋める事ができる。
広告主は、アクションクリック社が厳選した法人を主とする媒体社に広告が掲載されるのという安心感があり、仮に成果が上がらなかった場合のソリューションも含めての出稿ができるのが特徴だと言える。

この広告空き枠を無くすという発想をプリントメディアに置き換える事はできないだろうか…?続きを読む

株式会社ぱど広告販促課覚書

4月1日より私一人で始動した広告販促課であるが、本日から新たに頼もしいメンバーが一人加わる。前途ある社員を預かるわけだから、私としても気持ちを引き締めて、リーダーとしての責任を果たすべく決意を新たにした朝となった。
私の目指すべきチームの一項目として、「声は大きく、元気ハツラツ」なチームにしたい。経験上、喫煙所や居酒屋でのコソコソ話に前向きな夢ある会話はほとんど無い。大抵がつまらない話だ。
もちろん場所、タイミングをわきまえてだが、公の意見は自信・勇気・思いやりをもって堂々と発言する事。私な意見は慎む事。以前、上司から教わり私自身納得している事だが、公の意見とは、人のためになる意見、私の意見とは、自分のためにしかならない意見だ。
公私共に魅力あふれるファンタスティックな人間を、どんどん世に送り出していきたい!

株式会社ぱど日本橋営業所のご案内

株式会社ぱど日本橋営業所.jpgこちらが3月22日より開設された株式会社ぱど日本橋営業所。
嘉永2年創業の伝統ある山本海苔店様の本店ビル3階である。三越本店向かいに位置し、和を感じさせるつや消しブラックの外装が、ナイスだ。間違いない。続きを読む

五反田TOCビル

本日は打ち合わせで五反田TOCビル内のテナント様を訪問した。名称はT…東京O…卸売りC…センターの略だと思われる。実に分かりやすい。
続きを読む

サイバー・コミュニケーションズ様のカレンダー

本日打合せでサイバー・コミュニケーションズ様(以下cci様)を訪問した。言わずと知れたネット系のメディアレップ企業で平素よりお世話になっている。
そのcci様の受付ソファーの前にカレンダーが張られている。そのカレンダーには、多くのネットメディア企業のロゴが、実際の会社所在地とリンクしたMAPに掲載されている。ぱどの本社所在地の桜木町あたりを探したが、ぱどのロゴは無かった。ネットメディア事業が本格スタートして間もないので、ロゴが掲載されていなくて当然なのだが、来年度のcci様カレンダーには、ぱどのロゴを掲載して頂けるよう精進しよう!続きを読む
月刊相澤謙一郎ブログ
QRコード
QRコード
お知らせ
1.記載されている内容は、株式会社ぱど、ならびにぱど関連会社の考え方ではなく、あくまで相澤謙一郎の個人的見解によるものです。なお相澤謙一郎は2008年6月30日をもって株式会社ぱどを退職しております。

2.コメント、TB(トラックバック)は、基本的に大歓迎です。その際、コメントを頂ければ幸いですが、勿論、コメント無しでも構いません。

3.ただし、記事の内容に関係のない、あるいは不適切なTB(アダルトTB含む)、コメントは予告無く削除させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

4.基本的にリンクフリーですが、ご一報頂ければ幸いです。
メニュー
プロフィール
相澤謙一郎
相澤謙一郎です。
Twitter Widgets
関連書籍
ブログランキング
にほんブログ村 ベンチャーブログへ
最新コメント
最新トラックバック
西暦1862年 - 生麦事件 (ぱふぅ家のホームページ)
生麦事件と有村俊斎
「パワーブロガーが選ぶ、2008年度ウェブキャンペーンベスト5」バトン (↑【パワーブロガーの法則】世田谷のProducer(映画キャスティング・広告・出版・ブログ・グッズ等))
サンデーモーニング会議@高田馬場
マーケティングの新潮流vol.1 感想御礼 (↑【パワーブロガーの法則】世田谷のProducer(映画キャスティング・広告・出版・ブログ・グッズ等))
マーケティングの新潮流vol.1
芸術の秋 〜 展覧会巡り計画中 〜 (広告代理店勤務女子の憂鬱☆彡)
菌類のふしぎ
白洲次郎とは何者だったのか(50) (折り返し地点を過ぎれば人生下り坂)
寺崎太郎
天気
ぱどタウンティッカー
  • ライブドアブログ