相澤謙一郎ブログ「22世紀にのこる ものつくりを志して!」

相澤謙一郎の理念  一、無から有を生みだす。 一、顧客の笑顔=商品の付加価値=利益 一、世のため人のためになる事をする。それ以外はしない。 一、変化を恐れない改革者であり続ける。 一、従業員はもとより、家族、親族、近隣住民を大切にし、彼等から信頼される企業となり、人となる。

2005年04月

花嫁

2005-0430-1956.jpg本日は横浜にて同期の結婚式二次会。

入社当時より変わからぬ美貌は流石です。めでたい!

和味

和味.jpg谷中銀座商店街の焼き鳥屋さん。新鮮なお肉を使った焼き鳥、鳥刺しが見事。わさびポン酢で頂いた鳥刺しは食感ぷりぷりで思わずほころぶ味。日本酒、焼酎も豊富、お勘定もお手頃なので酒飲みにはおすすめの一店。リニューアル後、一人当たり面積が狭くなったのが少し残念。

2005年4月月次所感

Webプランニング事業部広告販促課立ち上げから1ヶ月が過ぎた。
紙・Web・モバイルの総合ブランドとしての「ぱど」メディアを目指している我が課だが、まだまだ進捗状況は一歩踏み出した程である。
社員のWeb・モバイルメディアに対する一般知識の共有を目的とし1月から「ぱど塾」と称し全営業所での研修を実施しており、業務割合として50%程の時間は使ってきた。今月は中途入社社員の研修も含めると15回実施。目だった成果はまだ出ていない。
25%は外回り営業。元来、本業の営業活動はさっぱり奮わず、月次でこれほど契約を頂いていないはのは入社以来初めてで、まさに給料泥棒である。
残りの25%は新商品の開発。こちらは何とか事業計画書の雛形が出来つつある。社内稟議の含め、まだまだ越える壁はたくさんあるが、ここ一番の大勝負には気合・根性・勢いの常套手段で乗り切るのみ。最後は天に運を任せて悠々としていよう。

ご近所ドクターBOOK

ご近所ドクターBOOK.jpg株式会社ぱどのフランチャイジーである泉州広告株式会社が発行した医療情報専門フリーペーパー「ご近所ドクターBOOK」が4月22日の日経流通新聞に掲載された。続きを読む

ブレスト

新商品開発のブレストで終電帰りが続いているが手応えはかなりある。割引クーポン主体のフリーペーパー業界に新しい価値観を提供したい。

桐野利秋

今朝は町田営業所に研修のため出勤。維新後の中村半次郎改め、桐野利秋を描いた「人斬り半次郎 賊将編」を読みながらの通勤。剽悍かつ勇敢な薩摩隼人の典型ともいうべき桐野利秋関連の書籍は、「翔ぶが如く」、「人斬り半次郎 幕末編」、短編「賊将」などを読み、私個人としては数年来の桐野ファンである。
続きを読む

ラディック

ラディックLM402.jpg
本日はバンドの練習日。メンバーが東京、横浜、横須賀とバラバラなのでスタジオは中間の桜木町セーラを使っている。実はここ、ぱど本社のすぐ隣という事もあり、入社当時からよく使用していた。駅から近いわりに予約が取りやすいので重宝している。
私のほとんどのスタジオ、ライブ、レコーディングで使用している相棒(スネアドラム)が、ラディックLM402だ。言わずと知れた名器だが、高校を卒業したばかりの時分に、御茶ノ水の楽器屋でセールとはいえ、5万円以上も出して買ったので、思い入れもひとしおだ。試し打ちした時の感動は忘れ得ぬものがある。ホワイトウェザーヘッドの小気味良いリバウンド感(ザラツキ感のあるホワイトウェザーヘッドがクールだと思う)、粒立ちの良さ、リムを噛ました時の抜けの良さ、そしてラディックという響き、ロゴ…全てが最高に格好良すぎだった。
途中2年ほどチューニングに悩んだ時期がある。スナッピーを固定をする紐が以外にもろく、切れたり緩んだりして、なかなかチューニングが決まらないのだ。今では程よい力加減を覚えた。
気の会う一芸を持ったミュージシャンとセッションをしていると、ラディックは様々な表情を見せ、オーナーの私自信、楽器に感心するだが、そのうち人馬一体ではないが同化してしまう。
続きを読む

ドミノピザ

ドミノピザクーポン.jpg外食の予定だったが、プライドがテレビ放送されると知り、急遽宅配ピザを注文。銘柄にこだわりは無かったが、とっておいたドミノピザのクーポン期限が明日で切れるので、ここでクーポンを使わないと勿体無いというごくごくありきたりな消費者心理でドミノを選んだ。
ちなみに業界ナンバー1のピザーラのチラシにはあまりクーポンは付かない。デリバリー業界においてもナンバー1企業の価格決定権の原則が働いている。注文すると到着まで50分かかるとの事。そしてピザが届くと、お時間をおかけしてすみませんでした、という事で次回使えるドリンククーポンを置いていった。ピザの箱にも次回使える割引クーポンがあり、リピーターを獲得する必死さ、切実さが伝わってくる。
プライドに熱中しながら、ピザとビール…何一つ問題の無い週末だ。

ぱど君大賞

本日は年に一度のぱど君大賞。

フランチャイズ様含む全国のぱど事業部の中から、この一年間で最も活躍した方々が表彰される。私個人は、力不足で受賞には及ばなかったが、昨年、一年間所属した、埼玉営業所が最も躍進した営業部という事で受賞する運びとなった。営業成績が好調だった事はもちろんだが、何より嬉しいのは、各個人の意識改革により、個々が目標を持って働ける社員が増えた事。私個人も、後輩や上司の影響を受け、多くを学んだ一年だった。続きを読む

カフェバナナフィッシュ

カフェバナナフィッシュ.jpg本日は、ぱどタウンマガジン静岡版の助っ人として静岡駅周辺を元プログラマーの入社2ヶ月の新人営業マンと同行営業で廻った。
彼のお客様のカフェバナナフィッシュ様でランチ。住宅街の中のイタリアンフレンチレストランで、店長の笑顔ともちろん味も素敵なお店。トイレにぱどの掲載記事を張って頂いているのを見つけ、あらためて店長をお礼申し上げた。嬉しい!

今日は訪問件数よりも、前職との職種上の差異もあり、迷いもあった彼と会話する時間を多くとった。はじめ勉強不足なのかな?…と思う部分があったが、話してみれば温厚で気さくな彼の長所がどんどん見えてきた。キャラクターを惜しみなく前面に出して、自信を持ってお客様と人間関係を築ければ、きっと素晴らしい媒体を作ってくれるはずだ。
■本日の結果
・飛び込み営業…9件うち名刺獲得3件。受注1件。

飛び込み営業〜浜松〜

サザンクロス商店街.jpg本日は、ぱどタウンマガジン浜松版の営業助っ人として浜松市内で飛び込み営業中心で廻った。写真はサザンクロス商店街。浜松駅周辺は水曜日定休の店舗が多いとの事であったが、こちらは平素から人の出入りが少ないらしい。(車両工場が近隣に多くある関係で外国人の方が多数お住まいとの事)ここはまさにぱどの出番で、商店街活性化のため、ぜひサザンクロス商店街特集を実現する日が来て欲しい!

■本日の結果
・飛び込み営業…23件うち名刺獲得8件
・クロージング同行…1件うち1件契約

続きを読む

上杉鷹山

私の埼玉営業所勤務時の後輩に米沢、興譲館高校出身の猛者がいる。何が猛者かは、ここでは控えさせて頂く。

ご存知、興譲館高校は越後の龍と恐れられた軍神、上杉謙信の養子、景勝を藩祖とする米沢上杉家藩主上杉鷹山が人材育成、後継者育成のために建てた教育機関である(1776年)。
続きを読む

ミクニの奇跡

今朝から「ミクニの奇跡」を読み返している。著者は、ブルースをやっていた頃の先輩、カメラマン石井氏の紹介で知り合い、お世話になっている松木事務所代表松木直也氏だ。
当書では、米屋の丁稚奉公からフレンチ料理界で世界にその名を響かせるシェフ、三國清三氏の軌跡(奇跡)を綴っている。三國氏の常に現状をよしとしない向上心、世界中のライバルに負けまいとする競争心、そして何よりも夢に向かってひたむきに挑戦し続ける姿は、業種を通り越して、男の生き様に感服させられる。
三國氏の料理には、そんな生き様が、根深く染み入っている事だろう。変な力を肩肘に入れずに、彼の料理が食べれるようになってみたいものだ。


ミクニの奇跡

手作り蝋燭

2005-0417-1620.jpg谷中の重鎮の誕生日を祝う会に蝋燭を手作り。板状のローソクを長方形サイズに裁断し、2本まとめてねじり上げると、簡単に出来上がる。
2005-0417-1809.jpg点灯、ハッピーバースデー!

肴.jpg花見の肴なり。日向鶏、うずら、ししとうなどを七輪で炙る。

谷中の八重桜

2005-0416-1641.jpg谷中妙福寺の八重桜が満開。谷中の友人宅からの眺め。先週に引き続き花見なり。

わんタン

4月1日よりオープンした弊社の ぱどタウンローカルコンテンツ「わんタン」が昨日の日経流通新聞に掲載されました。続きを読む

アクションクリック株式会社様より学ぶ事

昨日、セミナーで平素より大変お世話になっているアクションクリック株式会社代表取締役松本社長にお会いした。成果報酬型広告を取り扱うアクションクリック社は、Web・モバイルメディアの広告空き枠を無くすという点に着眼し、通常のアフィリエイト広告と異なり、媒体社側に広告枠を選択する権利があり、空き枠が発生した場合、スピーディーに枠を埋める事ができる。
広告主は、アクションクリック社が厳選した法人を主とする媒体社に広告が掲載されるのという安心感があり、仮に成果が上がらなかった場合のソリューションも含めての出稿ができるのが特徴だと言える。

この広告空き枠を無くすという発想をプリントメディアに置き換える事はできないだろうか…?続きを読む

株式会社ぱど広告販促課覚書

4月1日より私一人で始動した広告販促課であるが、本日から新たに頼もしいメンバーが一人加わる。前途ある社員を預かるわけだから、私としても気持ちを引き締めて、リーダーとしての責任を果たすべく決意を新たにした朝となった。
私の目指すべきチームの一項目として、「声は大きく、元気ハツラツ」なチームにしたい。経験上、喫煙所や居酒屋でのコソコソ話に前向きな夢ある会話はほとんど無い。大抵がつまらない話だ。
もちろん場所、タイミングをわきまえてだが、公の意見は自信・勇気・思いやりをもって堂々と発言する事。私な意見は慎む事。以前、上司から教わり私自身納得している事だが、公の意見とは、人のためになる意見、私の意見とは、自分のためにしかならない意見だ。
公私共に魅力あふれるファンタスティックな人間を、どんどん世に送り出していきたい!

株式会社ぱど日本橋営業所のご案内

株式会社ぱど日本橋営業所.jpgこちらが3月22日より開設された株式会社ぱど日本橋営業所。
嘉永2年創業の伝統ある山本海苔店様の本店ビル3階である。三越本店向かいに位置し、和を感じさせるつや消しブラックの外装が、ナイスだ。間違いない。続きを読む

五反田TOCビル

本日は打ち合わせで五反田TOCビル内のテナント様を訪問した。名称はT…東京O…卸売りC…センターの略だと思われる。実に分かりやすい。
続きを読む

サイバー・コミュニケーションズ様のカレンダー

本日打合せでサイバー・コミュニケーションズ様(以下cci様)を訪問した。言わずと知れたネット系のメディアレップ企業で平素よりお世話になっている。
そのcci様の受付ソファーの前にカレンダーが張られている。そのカレンダーには、多くのネットメディア企業のロゴが、実際の会社所在地とリンクしたMAPに掲載されている。ぱどの本社所在地の桜木町あたりを探したが、ぱどのロゴは無かった。ネットメディア事業が本格スタートして間もないので、ロゴが掲載されていなくて当然なのだが、来年度のcci様カレンダーには、ぱどのロゴを掲載して頂けるよう精進しよう!続きを読む

代々木公園にて花見

2005-0410-1514.jpg本日は横須賀時代からの親友も交え、代々木公園で花見。快晴ではあったが、風が強く花ビラ交じりの砂埃がひどかった。しかしながら旧知の友人と飲み交わす酒は格別で、おおいに飲み、笑った。おつまみにと仕込んだまぐろ納豆が、思いの外好評であった。快晴の中、代々木の池の上に舞う桜と遠くから聞こえてくるアフリカンパーカッションが、何か幻想的な雰囲気を醸しだしていた。極楽なのか、はたまたトイレに大行列を為す人には地獄か。本日の代々木公園は、色々な物が交じり合った混沌が渦巻いていた。

御行の松

2005-0409-1254.jpg江戸時代から根岸の大松と親しまれる名松。(根岸四丁目)現在は三代目。「薄緑お行の松は霞みけり」根岸に居した正岡子規の短歌が残っている。司馬遼太郎著「坂の上の雲」の舞台にもなる子規が暮らした子規庵が根岸ニ丁目に現存している。根岸は当小説が好きな方に、おすすめの散歩スポットだ。

カラオケスナックにて猛烈修行!

桜が満開を迎えている。この季節、歓送迎会がしきりに催される。2次会はカラオケというのは定番で、ぱど従業員も例外では無い。

元リクルートのくらたまなぶ氏は「カラオケボックスで歌うだけではコミュニケーション能力は育まれない、カラオケスナックに行って、お店にいる全てのお客様から拍手を貰うような歌を歌わなければならない」との事。くらた氏の凄さは、単なるカラオケ嫌いではなく、拍手をするお客様(オーディエンス)の割合によっての、評価基準を体系化している事だ。
私はあえて「そんな事実際したら嫌われませんか?」と愚直な質問をした。「経験上、後々その人のためになると分かっているから、その心配は無い。」との事だ。私は、ある意味、何の意味も無いような価値基準、こだわり、視点が大切であると知った。続きを読む

花粉とフリーペーパー

今年は未曾有の花粉が舞い飛び、多くの方が花粉症に悩んでいる。私も例外ではなく、目がむず痒く、鼻汁が止まらない。困るのが、鼻をかみすぎて鼻周りの皮膚が痛む事と、粘膜が破れて鼻血が出る事だ。電車移動中や打合せ中の鼻血にはほとほと困っている。そんな時助かるのが、消費者金融業者や英会話教室が該当配布しているポットティッシュだ。保険のため、常に2個は常備したいので、街中で配布している時はなるべく貰うようにしている。そもそも販促で使用しているポケットティッシュだから、よく見ると各社工夫を凝らしている。形状、挿入された紙チラシのサイズ・内容、デザインなどなど…。これを広義でフリーペーパーととらえると、同業界の総発行部数、市場規模、競合他社感覚も変わってくると、朝鼻をかみながら思った。

ダイエット!

山手線内の社内液晶にダイエット食品会社の広告出稿が目立つ。同社は新聞折込でも広告展開しており、内容が面白い。ようはビフォア→アフターでAさんは何ヶ月でこんなに痩せましたという内容が写真付きで掲載されている。そのビフォアーの写真が、心いくまで食を堪能している実に幸せそうなもので、注目してしまう。このような広告を見ると思うのは、彼達がどのような過程を経て太ったのか、なぜ太っていったのかという原因に対する疑問だ。高価な痩せ薬や、食品、エステに通っても、その根本を解消しない限り、いつでも「太る」リスクを内在させる事になる。内在する「太要リスク」の原因→改善を体系化し、痩せるプログラムに導入する事でダイエット業者が、他社との差別化を図る一因となるのではないか。続きを読む

覇王の家

司馬遼太郎の「覇王の家」という歴史小説を読んでいる。
今まで読んだ司馬作品と比べると、心沸き立つ項や庶民的な娯楽性に欠ける作品との印象を受ける。これは主人公が、中世武士風な律義者の三河武士棟梁、徳川家康の性格によるところが大きい。織田信長のような天才的な先駆性・行動力、豊臣秀吉のような痛快な成り上がり物語、そういったカリスマ性が家康には少ないのだ。

しかし観点を家康の立場に変えて読むと、私には勉強になる。歴史小説を読むと、つい感情移入してしまうのだが、自分個人が信長や秀吉には成れない部分がほとんどなのに対し、家康の思考はもっとも納得がいくのである。近日、注目されている経営者には、家康的な律儀さ、泥臭さ、老獪さが目立たない。(もしくは見せないか、忘れたか…)これは時代の流れなのだが、私の中では、家康的な律儀、質素倹約、模倣、慎重さなども、大切にしていきたい。

覇王の家続きを読む

フリーペーパードットコム

株式会社ファインドスター様運営のフリーペーパードットコムからのお問い合わせが増えている。

当サイトはフリーペーパー専門のポータル(検索)サイトだ。ここ数年、フリーペーパーが急増しており、販促・広報担当者もフリーペーパーにおける販促・広告を検討される方が増えてきている。そういった世情、市場の声を反映し立ち上げられたサイトだと言える。本日は今年度、上半期の事業計画を改めて見直したが、「ホームページをできる営業マンにする」という項目は、直近での重要項目にする必要があると再認識した。続きを読む

浅草寺にて今年度のお参り

2005-0403-1654.jpg今年度も元気&健康に仕事ができますように。健康あって初めて成功の喜び(失敗しても諦めないが)を全身で感じる事ができる。浅草寺から花やしきに向かう途中の、しだれ桜が見事。

水上音楽堂抽選

2005-0402-0910.jpg上野公園の水上音楽堂は不忍池沿いの野外ステージ。抽選で当たれば誰でも借りる事ができ、公共施設なので驚くほど安い。1,200人集客できるステージが1日5万円ほどで使用できる。今運な事に、昨日、友人が当てた!本日も当たれば2デイズのイベントも可能なのだが…。上野の桜はまだ一部咲き未満だが、朝から花見の場所取りで賑わっている。
月刊相澤謙一郎ブログ
QRコード
QRコード
お知らせ
1.記載されている内容は、株式会社ぱど、ならびにぱど関連会社の考え方ではなく、あくまで相澤謙一郎の個人的見解によるものです。なお相澤謙一郎は2008年6月30日をもって株式会社ぱどを退職しております。

2.コメント、TB(トラックバック)は、基本的に大歓迎です。その際、コメントを頂ければ幸いですが、勿論、コメント無しでも構いません。

3.ただし、記事の内容に関係のない、あるいは不適切なTB(アダルトTB含む)、コメントは予告無く削除させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

4.基本的にリンクフリーですが、ご一報頂ければ幸いです。
メニュー
Twitter Widgets
関連書籍
ブログランキング
にほんブログ村 ベンチャーブログへ
最新コメント
最新トラックバック
西暦1862年 - 生麦事件 (ぱふぅ家のホームページ)
生麦事件と有村俊斎
「パワーブロガーが選ぶ、2008年度ウェブキャンペーンベスト5」バトン (↑【パワーブロガーの法則】世田谷のProducer(映画キャスティング・広告・出版・ブログ・グッズ等))
サンデーモーニング会議@高田馬場
マーケティングの新潮流vol.1 感想御礼 (↑【パワーブロガーの法則】世田谷のProducer(映画キャスティング・広告・出版・ブログ・グッズ等))
マーケティングの新潮流vol.1
芸術の秋 〜 展覧会巡り計画中 〜 (広告代理店勤務女子の憂鬱☆彡)
菌類のふしぎ
白洲次郎とは何者だったのか(50) (折り返し地点を過ぎれば人生下り坂)
寺崎太郎
天気
ぱどタウンティッカー
  • ライブドアブログ