相澤謙一郎ブログ「22世紀にのこる ものつくりを志して!」

相澤謙一郎の理念  一、無から有を生みだす。 一、顧客の笑顔=商品の付加価値=利益 一、世のため人のためになる事をする。それ以外はしない。 一、変化を恐れない改革者であり続ける。 一、従業員はもとより、家族、親族、近隣住民を大切にし、彼等から信頼される企業となり、人となる。

2008年03月

恵比寿にて再会

かつて本郷や渋谷の事務所で新規事業計画を練った某ベンチャー企業の創業社長殿と、恵比寿の新事務所で再会。

夏の上海シャングリラ以来。経営者として一回りも二回りも大きくなった彼は、焼き鳥屋で飲んで、恵比寿のラブホテル街の向かいのバーで飲んだ後、颯爽と自分の城(オフィス)に戻っていった。

忘れていた何かを思い出させてくれた。

>M社長、ありがとうございます!

年度計画発表会

本日は2008年度の年度計画発表会が開催されています。全社の管理職が三田営業所に集まり、社長及び各事業部長から年度計画の発表がありました。2008年度のテーマは「筋肉質の会社にする」との事です。

私は仕事の事をよくスポーツに例えて考えます。優秀なプロ野球選手が、はじめてバットやボールを握った時から、ホームランバッターや豪速球ピッチャーだったわけではありません。毎日の反復練習によって、ほとんど自覚できないくらい、少しずつ上達していくのです。

仕事も同様だと考えています。日々の絶え間ない継続的な努力が、個人の業績アップ、会社の業績アップに繋がるのです。

私は高校生まで学校の授業と睡眠時間以外、スポーツをしている時間が最も長かったのではと思い返すときがあります。才能・努力足らずプロになる事は叶いませんでした。仕事では絶対にプロになりたいと思います。

毎日の練習によって、個々の筋肉が鍛えられ、その結果として「筋肉質の会社にする」事ができるのです。やったります!

honeyee.mag vol.4

honeyee.mag vol.43月17日発売の「honeyee.mag vol.4」を昨日手に入れました。タイトルはAround The World。表紙は懐かしの中華圏。10代の頃にはまっていたLAカルチャーも充実しており、個人的に見逃せない内容です。

広告屋的には、某スポーツブランドの差込み付き広告や、某自動車メーカー・某ゲームメーカーとの各種タイアップ企画に唸りました。ハニカムきてますね。

[ハニカム]
http://www.honeyee.com/

徳川信康と徳姫

徳川信康(松平信康)は徳川家康の嫡男で、1563年3月25日(永禄6年)、織田信長の娘、徳姫と婚約したと云われています。

信康の母は家康の正室の築山殿ですから、家康の跡継ぎとして将来を嘱望され育ちました。しかし、武田家との内通の疑いで実母、築山殿もろとも実父、家康の命令で処断されてしまいます。何とも惨い話です。

発端は、姑の築山殿と折り合いが甚だ悪かった徳姫(築山殿は武田家と縁が深い今川家の出自)が、信長に築山殿と武田家の内通疑惑を訴えたと云われており、これを由とするわけが無い信長が、家康に築山殿とその子、信康の処刑を要求したのです。

天下布武事業成立目前の織田家と同盟関係にあった家康は、この同盟を破綻させるわけにはゆかず、妻と嫡男を処断する決意をしたのです。

この挿話には諸説ございますが、「鳴かぬなら殺してしまえ不如帰(ほととぎす)」と評された織田信長、「鳴かぬなら鳴くまで待とう不如帰」と評された徳川家康の性質を表しているかもしれません。

私が家康の立場であれば、城を枕に討ち死に覚悟といった所でしょうが、「耐えがたきに耐え」る忍耐力も天下人には必要なのでしょう。

信康の妻、徳姫は1636年まで永らえ、天寿を全うしています。

関連する相澤謙一郎ブログ記事
<徳姫と阿茶局の命日>
http://aizawa.livedoor.biz/archives/50466180.html

「We : la (ウィーラ) HAMAMATSU」創刊のお知らせ

ウィーラ株式会社ぱどは、4月11日(金)に、静岡県浜松地域にて「We : la (ウィーラ) HAMAMATSU」を創刊することになりましたのでお知らせ致します。

<〜「私らしく一歩前へ」を応援する浜松フリーマガジン〜「We : la (ウィーラ) HAMAMATSU」創刊のお知らせ>
詳細は、下記URLから参照下さい。
http://www.pado.co.jp/pado/pdf/080324_wela.pdf
[PDFファイル]

ありがとうございます!

中国より帰国後、3月3日より心機一転、弊社三田営業所に出社していますが、ほうぼうの皆様より「おかえりなさい。」というありがたい言葉をかけて頂き、その場のリアクション以上に感謝の気持ちでいっぱいの日々です。

横浜営業所時代によく通った懐かしい居酒屋さんでの飲み会を設定してくれた当時の先輩、後輩、同僚の皆さん、ありがとうございます!

昼飯に誘って頂いた先輩、ありがとうございます!昔、しこたま飲んだ挙句、終電が無くなると、私をご家族でで温かく収容してくださったものです。

出社二日目に、上司が居酒屋に誘ってくれました。ありがとうございます!

若くして起業し成功を収め、なおモバイル業界を牽引する社長さんが営業所に来社してくれました。ありがとうございます!同郷の後輩であり、尊敬する経営者の一人です。今後の活躍を心より祈っています。

新橋で夢を語り合った取引先の方が、食事に誘ってくれました。ありがとうございます!

インターネット広告事業立上げ時にお世話になった社長さんが、食事に誘ってくれました。ありがとうございます!

大の得意先であり、上海でも再開した担当者の方が昼飯に誘ってくれました。ありがとうございます!

大企業の代表と言う立場を捨て、夢を実現するため起業された社長さんが挨拶の時間をとってくれました。ありがとうございます!お会いした回数は少ないですが、仕事への姿勢はいつも勉強になります。

インターネット広告事業を担当している時、レップとして俊敏に対応頂いた社長さんが食事に誘ってくれました。ありがとうございます!

上海駐在時、公私ともども世話になった兄貴分の先輩が食事に誘ってくれました。ありがとうございます!

感謝の気持ちを明日への力に変えて、22世紀に残る物作りを志し、日々、邁進する所存です。

「BUZZ CLIP(バズクリップ)」創刊のお知らせ

バズクリップ株式会社ぱどは、5月に、さいたま市大宮地域にて「BUZZ CLIP(バズクリップ)」を創刊することになりましたので、お知らせいたします。

<〜読者コメントによって、お店情報に新たな<驚き>と<発見>をプラス〜「BUZZ CLIP(バズクリップ)」創刊のお知らせ>
詳細は、下記URLから参照下さい。
http://www.pado.co.jp/pado/pdf/080317_buzz.pdf
[PDFファイル]

せたPさん、ありがとうございます!

昨晩はせたPこと某プロデューサーさんと六本木に食事に行きました。中国ではまず見つける事ができなかった素敵なお店で、帰国祝いの会を開いて頂きました。

せたPさんとは、2004年からのお付き合いになります。その当時、私は株式会社ぱどのインターネット広告事業の立ち上げがミッションだったのですが、紙媒体の店舗営業経験しかない私は、何をしたらいいか全然分からなかったものです。

せたPさんは、当時、某大手広告代理店も資本参加する会社の創業社長であられ、インターネット広告業界の生き字引のような方でありながら、業界の事をかけ出しの私に教えてくださった恩人です。

その後、弊社WEBコンテンツ内に膨大な広告在庫がある事を見出し、当時、振興のネット広告代理店だったO社の方にアドバイス頂き、広告枠を作り、大手メディアレップ会社の取り扱い媒体にして頂く事ができたのです。

せたPさんはその後、新たな夢に向かい第二の創業をされ、私も、当時とは異なるミッションを持って仕事をしていますが、昔ながらの恩人に労をねぎらって頂いた上、アドバイスを頂き、感謝の気持ちでいっぱいになりました。私もいつの日か、真のリーダーにならねばなりません。

>せたPさん、ありがとうございます!

辞令

3月3日に辞令が出ました。それにともない、広域事業部第二部55課付けとなりました。

名刺には新規事業担当と書かれています。とは言え、既に予算も付いているため、新規事業を作りつつ、既存事業での売上げも達成するのがミッションです。

与えられたミッション達成に向け、全力で取り組みます。
月刊相澤謙一郎ブログ
QRコード
QRコード
お知らせ
1.記載されている内容は、株式会社ぱど、ならびにぱど関連会社の考え方ではなく、あくまで相澤謙一郎の個人的見解によるものです。なお相澤謙一郎は2008年6月30日をもって株式会社ぱどを退職しております。

2.コメント、TB(トラックバック)は、基本的に大歓迎です。その際、コメントを頂ければ幸いですが、勿論、コメント無しでも構いません。

3.ただし、記事の内容に関係のない、あるいは不適切なTB(アダルトTB含む)、コメントは予告無く削除させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

4.基本的にリンクフリーですが、ご一報頂ければ幸いです。
メニュー
プロフィール
相澤謙一郎
相澤謙一郎です。
Twitter Widgets
関連書籍
ブログランキング
にほんブログ村 ベンチャーブログへ
最新コメント
最新トラックバック
西暦1862年 - 生麦事件 (ぱふぅ家のホームページ)
生麦事件と有村俊斎
「パワーブロガーが選ぶ、2008年度ウェブキャンペーンベスト5」バトン (↑【パワーブロガーの法則】世田谷のProducer(映画キャスティング・広告・出版・ブログ・グッズ等))
サンデーモーニング会議@高田馬場
マーケティングの新潮流vol.1 感想御礼 (↑【パワーブロガーの法則】世田谷のProducer(映画キャスティング・広告・出版・ブログ・グッズ等))
マーケティングの新潮流vol.1
芸術の秋 〜 展覧会巡り計画中 〜 (広告代理店勤務女子の憂鬱☆彡)
菌類のふしぎ
白洲次郎とは何者だったのか(50) (折り返し地点を過ぎれば人生下り坂)
寺崎太郎
天気
ぱどタウンティッカー
  • ライブドアブログ