相澤謙一郎ブログ「22世紀にのこる ものつくりを志して!」

相澤謙一郎の理念  一、無から有を生みだす。 一、顧客の笑顔=商品の付加価値=利益 一、世のため人のためになる事をする。それ以外はしない。 一、変化を恐れない改革者であり続ける。 一、従業員はもとより、家族、親族、近隣住民を大切にし、彼等から信頼される企業となり、人となる。

2019年01月

ショッパーズプラザ横須賀の思い出と横須賀活性化の提案

ショッパーズプラザ横須賀(以下、ショッパーズ)が3月末で一時閉館になる。

■ショッパーズプラザ横須賀 3月末で一時閉館 大型改装、2020年開業予定
https://www.townnews.co.jp/0501/2019/01/04/464114.html


子供の頃、もちろんショッパーズはなく、冬になるとアイススケート場が運営されていた。多分、ショッパーズのあたりだと思う。何度も遊びに行った懐かしい思い出。

ショッパーズがオープンしたのが1991年。中学生の時だ。横須賀にこれほど大きなショッピングモールはなかったので衝撃を受けた。それまで買い物と言えば、大津の横須賀流通センター、向かいのダイクマ、裏手のシミズ電気(ワットマン)だった。フードコートというものを初体験し、ワクワク感たるや凄まじかった。ドムドムバーガーの前で陣取った横須賀学院の生徒の一味は当方だったかもしれない。

話は飛ぶが、子供の頃からプロレス好きで、横須賀で行われる興行はほとんど参戦していた。WWFのアルティメット・ウォリアーのTシャツなども好んで着ていた。中学ぐらいになると格通(格闘技通信)の愛読者になっており、当時格通でも紹介されたいた喧嘩空手と噂の大道塾は伝説となっていた。その大道塾がショッパーズに進出したのだった。中学の同級生数名と即座に入門。森直樹先輩(詳細は下記を参照)に指導いただいた。ここ数年は全く道場に通えていないが、未だに塾生の一人である。
森直樹先輩とセーム・シュルト(後のK1チャンピオン)の激闘は下記を参照。
■「上等だぁ!〜空道前夜〜」 > 第31話
http://www.daidojuku.com/home/manga/02j/31/1.html

空道

高校になるとショッパーズの向かい、EMクラブ跡地にAPTがオープン。黒川スポーツとマルカワ(ジーンズショップ)がテナントとして入っていた記憶がある。フードコートに映画館にボウリング場、スポーツ用品店にジーンズショップ、そしてドブ板にはサンダンスなどの古着屋もあり、横須賀の高校生にとって汐入は完全に聖地と化した。

しかし、高校を卒業すると、北の大国、横浜の大学に進学したこともあり、遊びはめっきり汐入から横浜駅西口ビブレ周辺に変わっていった。

それから四半世紀が過ぎ、ショッパーズの終焉(一時閉館)を目の当たりにして感慨深いものがあるが、現実に目を向けて、横須賀活性化という観点から新たな挑戦はできないだろうか。挑戦は大きく3点。

1.横須賀唯一の映画館(三浦半島でも最大規模)「横須賀HUMAXシネマズ」がお休みになる間、臨時映画館を作りたい

2.横須賀唯一のボウリング場がお休みになる間、臨時ボウリング場を作りたい

3.ショッパーズは雨の日に子供達が遊べる横須賀市内の施設の一つだった。代替となる子供達が雨の日に遊べる場を作りたい

3つの挑戦に共感いただける方、または既にアクションを起こされている方がいらっしゃれば、ぜひご連絡ください。ショッパーズの一時閉館をチャンスと捉え、横須賀を盛り上げていきたい。

連絡先:timecapsuleplus.inc@gmail.com
タイムカプセル株式会社 相澤謙一郎
相澤謙一郎

(二十数年前、ドブ板で撮影した写真)

2018年の振り返りと2019年の抱負

年賀状2019

タイムカプセルは1月7日(月)から仕事始めとなります。毎年恒例ですが、スマホで写真年賀状で作った年賀状でまずは新年の挨拶をさせてください。

2018年も光陰矢の如し、あっという間の1年でした。年度末に向けて、様々なプロジェクトが重複する中、背中を向けることなく勇敢に立ち向かってくれたスタッフの皆さんに感謝。なんとか乗り切ることができましたが、一部のプロジェクトでは改善の余地が残る点もあったので、最高の品質を実現するため研鑽を積む必要があると日々、感じています。

4月に新入社員を迎えて第6期がスタート。様々な事情があり、今年の新入社員の皆さん、第二新卒で入社いただいた社員の方が早々にタイムカプセルを卒業することになりました。社員の皆さんを一人前のビジネスマンに育てることは会社としても個人としても絶対成し遂げなければならない責任ですので、己の無力さを痛感しつつも、自分自身がひと回りもふた回りも成長しなければならないと覚悟を決めました。

自身の成長のため、インプット量を増やそうとカマコン、ヨコスカバレーつながりの宮田さんの紹介で、経営者のコミュニティである経営塾に入りました。経営塾での学び、仲間との出会いが本当に大きかったです。恥ずかしながら、小さなお堀をせっせと掘り続けている「一人きりの王様」であることに気づかされました。このままではビジョンは実現できない。ビジョンを実現するため新たな目標を設定し、家族、社員の皆さん、自分と向き合っていくことを決めました。仲間に心から感謝しています!
経営塾

反省の多い1年でしたが、心から勇気付けられる出来事も幾つかありました。

一つは気仙沼ラボの立ち上げです。
■気仙沼ラボ(宮城県気仙沼市)設立のお知らせ
https://timecapsuleinc.org/2018/04/15/kesennumafactory/
開所式

気仙沼で開催した採用説明会での出会いがきっかけでした。その方は仙台でプログラマーとして勤務されていたのですが、事情があり気仙沼に帰省。プログラミングのスキルを活かせる職場を見つけることができずコンビニで勤務されていました。タイムカプセルの気仙沼進出を知り、面談に来てくれたのです。早速、入社いただくと驚くほど成果を出してくれました。その方の幼馴染という方もご縁があり入社いただき、また彼女の母校から新卒で採用ができるなど、たった1年で一人からスタートした開発拠点が4月には5名体制になる見込みです。

気仙沼というそれほど規模が大きいとは言えない地で、廃校をリノベーションしICTの拠点を作り、地元の若者5名が(入社予定の方も含む)気仙沼活性化のため前向きに仕事に取り組んでいます。

岐阜、横須賀で培ってきた経験、ノウハウが気仙沼で花開き「気仙沼モデル」が構築できました。より一層、気仙沼にも特化しつつ、「気仙沼モデル」を全国に拡げ、「ITで地域から日本を元気に!」を実現していきます。

もう一つは念願の九州での展開ですが、こちらは抱負にて述べます。

15

次に本業のアプリ開発について。こちらも「スポーツ×ITで地域活性化」を掲げて活動してきたタイムカプセルにとって集大成と言えるプロジェクト「ANA ウインドサーフィン ワールドカップ 横須賀・三浦大会」のアプリ開発を担当させていただきました。
■気まぐれな自然に泣く海のスポーツ、救いの手はIoT
https://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/feature/15/110200006/052900122/?P=4&ST=SIO-tec
『富士通がアプリの開発を依頼したのは、ベンチャー企業のタイムカプセルである。スポーツ関連のアプリの制作を得意とし、横須賀市にも拠点があることからパートナーに選んだ。航跡の短縮といった仕様の変更を即座にアプリに反映するなど、機動的に対処してくれたという。』(SPORT INNOVATORSより)

このプロジェクトの成功により、パートナー企業様との研究開発、そしてIoT領域でのアプリ開発を事業の柱にすることを決断するきっかけになりました。
イチロク2周年記念イベント

振り返りの最後は横須賀の仲間と立ち上げた16Startups (イチロクスタートアップス)の成長です。おかげさまで2周年を迎え、会員企業様(個人会員様含む)も30社近くとなり、昨年も複数のスタートアップがイチロクから生まれました。「ヨコスカバレーがICT企業のコミュニティとなり、イチロクが現場となる。」とオープニングイベントで宣言しましたが、およそ当初の目的は果たすことができました。これもご支援いただいている会員様、イベントに登壇、参加いただいている皆さまのおかげです。改めて御礼申し上げます。横須賀のスタートアップの聖地となれるよう引き続き全力で運営してまいります。
イチロク

2019年の抱負は簡潔にまとめます。
1.全国制覇に向けて先祖伝来の地、九州へ進出
2.IoT、ロボット事業で世界初に挑戦し続ける
3.スタッフ100人体制に向けて経営基盤の整備
4.自分自身がボトルネックにならないよう成長し続ける

2019年も全力疾走で日本全国を駆け巡ってまいりますので、各地の皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。
IMG_9173
月刊相澤謙一郎ブログ
QRコード
QRコード
お知らせ
1.記載されている内容は、株式会社ぱど、ならびにぱど関連会社の考え方ではなく、あくまで相澤謙一郎の個人的見解によるものです。なお相澤謙一郎は2008年6月30日をもって株式会社ぱどを退職しております。

2.コメント、TB(トラックバック)は、基本的に大歓迎です。その際、コメントを頂ければ幸いですが、勿論、コメント無しでも構いません。

3.ただし、記事の内容に関係のない、あるいは不適切なTB(アダルトTB含む)、コメントは予告無く削除させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

4.基本的にリンクフリーですが、ご一報頂ければ幸いです。
メニュー
Twitter Widgets
関連書籍
ブログランキング
にほんブログ村 ベンチャーブログへ
最新コメント
ぱどタウンティッカー
  • ライブドアブログ