ロンドンにおける同時テロ報道が毎日報道されている折、赤報隊(日本におけるテロリストと呼ばれる団体がしばし借用している)相楽総三という男を思い出した。
「赤報隊」の正体―朝日新聞阪神支局襲撃事件

幕末、江戸幕府崩壊前夜、薩摩藩の密命を受けて江戸市中擾乱の首謀者となったのが相楽総三だ。

上方の公家勢力を背景に、幕府と交戦直前だった薩摩藩の西郷隆盛、大久保一蔵は幕府を挑発し、戦争へと仕向けるため、江戸擾乱を画策、勤皇志士相楽総三、伊牟田尚平、益満休之助に密命を与えた。

相楽らは薩摩三田邸を根拠地として、そこに市中を徘徊する浪人等約500人を集め、来るべき擾乱ゲリラ戦に備えた。しかし、浪人隊には給金等が無かったため、生きるために市中で辻斬り、強盗などの悪行を尽くし、市中の治安悪化という西郷らの企図通りに事は運んでいく。

契機付いた浪士隊は、いよいよ江戸を中心に三方から脅かそうとするゲリラ戦に出撃する。しかしながらそこは所詮、寄せ集めの浪士隊、各藩士に迎撃、殲滅される。
国際問題にもなっていた浪士隊の暗躍、悪行に業を煮やした幕府は、その根拠地が薩摩三田邸である事を突き詰め、討ち入りを決行。相楽等は血路を開いて薩摩の運送船に逃げ込み、命からがら京都の西郷の所に逃げ帰ったのだ。

俗に言う薩摩藩三田邸焼討事件が鳥羽伏見の戦いの呼び水となってしまう。幕臣勝海舟らの鎮静論を無視して、軽率に挑発に乗った幕府はまさに薩摩の術中にはまったのである。この焼き討ちを契機に強硬派の幕臣は勢いづき、もはやこれを将軍慶喜も止めると事ができないまま、鳥羽伏見の開戦、敗戦、そして大政奉還に繋がっていくのである。
さて相楽総三であるが、その後京都で薩長ら官軍の庇護の下、同志を募り、赤報隊を結成。薩摩藩、各官軍諸藩から軍資金を経て、賊軍(旧幕軍)を撃滅すべく東山道を諏訪方面に進軍。この際、民衆の人気を得るため租税半額の旗印を掲げていたと言う。進軍中、朝廷から召還命令が下るが、いち早く甲府などの拠点を制圧しなくては、後々官軍に不利になると進軍を続行。今度は総督府参謀の名義で相楽に招状が来る。相楽は戊辰戦争の先鋒を命ぜられると早合点し、出頭するが、結末は晒し首となり果てる。偽官軍としての反逆罪である。赤報隊はここに終焉を迎える。明治元年三月の事である。
幕末志士伝赤報隊〈上〉
幕末志士伝赤報隊〈下〉

伊牟田尚平は同三月、部下による強盗を咎められ、京都、薩摩藩邸で切腹させられている。

益満休之助は薩摩藩邸焼討ち後、京都に逃げる事もできず捕虜となり、何と勝海舟に飼われていた。勝は官軍が江戸、つまり慶喜の首を目指して進軍する中、旧幕臣山岡鉄太郎を慶喜の命乞いのため駿府の総督本部に向わせた。

その時、かつて自分が関東擾乱の首謀者として密命した益満が山岡と現れた訳だから、西郷の驚き、怒りは計り知れなかったろう。勝は、国際問題にもなった関東擾乱の首謀者が官軍、限定的に言えば西郷と大久保である事を知っていて、益満を同行させたのである。事が表沙汰になれば、官軍として大義名分を失う事になる訳で、ましてや元来は正義の人、西郷である。真相を知る相楽、伊牟田は消し去り、益満も薩摩三田低焼討時にとっくに死んだと思っていた訳だから、彼にとって最も痛い所を勝に突かれたのだ。

その後の益満の行方を私は知らない。

その後の日本国内のテロリストの中には、赤報隊を名乗る連中もいるが、私自身は相楽をテロリストというより、一個の男子として生を全うして死に場所を与えられた士と見ている。

にほんブログ村 トラックバックテーマ 相良総三と赤報隊へ
相良総三と赤報隊