本日の日経新聞に三井住友VISAカードの全面広告が掲載されている。

キャッチコピーは「100円でもケータイでクレジットの時代はじまる。」

NTTドコモが三井住友カードに980億円投資し、事業提携を進めた結果だろう。つまりこれからはドコモのおサイフケータイ機能付き携帯電話でカード決済ができるようになる。しかも100円単位で。

このサービスが定着するのためには、フェリカ読み取り端末の普及が条件となるが、三井住友グループが動き出すとなれば、他カード会社も動き出すだろうから、短期間に端末が普及する可能性がある。

おサイフケータイの使用範囲が加速度的に広がっている。(スイカのサービスも始まる事だし)電子マネー事業社にとっては競合出現となるだろうが、我々も媒体社として指を加えて傍観する…という判断は、私はしません。