本日の日経流通新聞1面は、ネット検索連動広告市場の拡大について紹介されている。

王手企業だけでなく単価が安価な事から、中小企業の利用が増加して、市場規模も2004年度300億円から3年後には1,000億円を突破する見込みとの事。

紛いなりにもネット広告に携わっている者として当然理解していた事だが、やはり新聞誌面を大きく割くようになると実感値が増すものだ。

個人的にはRSS広告に大きな可能性を感じており、RSS広告社から出される「Trend Match for RSS Reader」などの新サービスをまずは個人ユーザーとして使ってみようと思う。