相澤謙一郎ブログ「22世紀にのこる ものつくりを志して!」

相澤謙一郎の理念  一、無から有を生みだす。 一、顧客の笑顔=商品の付加価値=利益 一、世のため人のためになる事をする。それ以外はしない。 一、変化を恐れない改革者であり続ける。 一、従業員はもとより、家族、親族、近隣住民を大切にし、彼等から信頼される企業となり、人となる。

これでいいのか相澤!

お願いと反省

4月5日に痛風と思われる症状が再発し3週間強となります。自戒の念を込めてお願いと反省となります。

【お願い】
後述する理由から5月以降、仕事があまりありません。アプリ開発、WEB制作、デザイン制作、プログラミング講座、アイデソンやハッカソンの運営などの業務などありましたら、相澤宛にぜひご連絡ください。

仕事がない理由
・(弊社にとっては)大型の開発業務がキャンセルになる見込み
・営業は相澤が担当しているが、痛風の影響もあり、営業活動のパフォーマンスが低下し、新規の業務が契約にまで至っていない


【反省】
なんといっても健康管理。心身の健康なくして健全な仕事はできない。と公言しているにも関わらず、痛風を再発してしまいました。症状はひとそれぞれだと思いますが、自分の場合、激痛は数日で去っていくのですが、歩行困難な鈍痛が長く続きます。営業なので、毎日、お得意先様を訪問する必要がありますので、痛み止めを飲んで仕事をしています。痛み止めを飲むと、頭の回転が鈍くなったり、眠くなるような症状が発生する場合があり、「全力の営業」活動やお得意先様の課題解決を実現するためのアイデア発想に支障をきたします。今後、痛風を再発させないため、十分留意します。

痛風対策
・組織作りとスキルアップ
チームプレイで仕事ができる組織にする、スタッフの皆さんがスキルアップできる仕組み、カリキュラムを作る。

・水を1日3リットル飲む
1月から多忙を極めたこともあり、水分摂取に関する意識と行動が低下していた。

・寝る
1月から4月の頭まで、ぐっすりと眠れなかった。寝ても、「実装完了しました!」という夢を見て、起きたら過酷な現実が待っている。「やってませんでした!」みたいな悪夢を見るなど、寝ても覚めても地獄絵図のような日々を己の力不足から招いてしまった。今後は、眠ることができる組織を作る。

・イライラしない
思うようにいかないことが多発し、イライラしてしまっていた。

以上、自戒の念を込めて。今日もロキソニンと共に全力営業!仕事のご相談お待ちしております!
■タイムカプセルができること
http://timecapsuleinc.org/works/
ロキソニン

2014年の振り返りと2015年の抱負

新年あけましておめでとうございます。今年の大晦日もいつもと変わらず早寝早起きで3時から始業しておりますが、今年も徒然なる侭に「2014年の振り返りと2015年の抱負」を書き連ねさせていただきます。
年賀状

横浜F・マリノス年賀状2015 〜F・マリノスデザインで楽しく簡単に年賀状を作成〜

一年を振り返ってみると、公式アプリを運用させていただいている横浜F・マリノスの天皇杯優勝に始り、横須賀での谷戸ハックで締めたのですが、「動き」のある一年でした。

大きな動きとしては、4月に岐阜駅前に拠点をつくったこと。岐阜駅前に拠点を作ることで、今までと異なる人の流れ、交流を作り出すことができました。具体的には、GIFUアプリデザインセンターを岐阜オフィスでオープンすることにより、多くの一般市民の皆さまにご来社いただけたこと、もう一点は、平素、大学、短大、高校などで講義を受講している生徒の皆さんが、勉強やアルバイトで来社いただけるようになったこと。この動きは、立地上の如何様にもし難い理由で、大垣オフィスではなかなか実現できなかったことです。規模の大きいセミナーやイベント、講義は大垣(ソフトピア)、アクセスを活かしたい場合は岐阜。という具合に長所を活かすことができました。特にリクルーティングという点で、大きな成果を発揮し、スタッフも20名を超える所帯になりました。
岐阜オフィス

動きという点でもう一点。8月には横須賀市汐入に横須賀オフィスを立ち上げました。IT系ベンチャーが一部のメディアからは限界集落と呼ばれる谷戸地域に進出したことで、多くのメディアに取り上げていただきました。当方としては奇をてらったわけではなく、何度も谷戸を散策し、その利便性と天然の地形のおもしろさから、費用対効果が高いと判断し、進出を決めました。これは、小職が横須賀生まれ横須賀育ちということもあり、地の利と申しますが、地元ならではの知恵を活かすことができました。

■神奈川テレビ「ニュース930α」にて当社の横須賀での取組みが放送されました。
http://timecapsuleinc.org/2014/07/11/tvk20140710/
■横須賀第一アプリ工場(神奈川県横須賀市)設立のお知らせ
http://timecapsuleinc.org/2014/08/04/yokosukafactory/
■横浜F・マリノス公式アプリ第3弾!!「横須賀市 presents Touch The F・マリノス」リリースのお知らせ
http://timecapsuleinc.org/2014/08/06/touchthefmarinos/
■横須賀市役所で行われた「横須賀市presents Touch The F・マリノス」 記者会見について、神奈川新聞と日本経済新聞にて取り上げられました。
http://timecapsuleinc.org/2014/08/07/touchthefmarinos-media/
■神奈川テレビ「ニュース930α」および「NEWSハーバー」にて、「横須賀市presents Touch The F・マリノス」 記者会見が放送されました。
http://timecapsuleinc.org/2014/08/07/tvk20140806/
■岐阜新聞にて「横須賀第一アプリ工場」進出が記事になりました。
http://timecapsuleinc.org/2014/08/16/gifu_media/
■東洋経済ONLINEにて、弊社の横須賀での活動が記載されました。
http://timecapsuleinc.org/2014/08/19/media_touyoukeizai/
■「タウンニュース」にて当社の横須賀での取り組みが記事になりました。
http://timecapsuleinc.org/2014/08/22/town-news_media/
■NHK「首都圏ネットワーク」にて、 当社「横須賀第一アプリ工場」の取組みが放送されました。
http://timecapsuleinc.org/2014/08/25/nhk20140825/
■「読売新聞」にて当社の横須賀での取り組みが記事になりました。
http://timecapsuleinc.org/2014/09/08/yomiurishinbun_media/
■「朝日新聞」にて当社の横須賀での取り組みが記事になりました。
http://timecapsuleinc.org/2014/10/08/asahi20141008/
■2014年11月25日(火)発行の日本経済新聞にて当社の横須賀での取り組みが記事になりました。
http://timecapsuleinc.org/2014/11/25/nihonkeizai/
■テレビ神奈川「ありがとッ!」にて横須賀オフィスの取組みが紹介されました。
http://timecapsuleinc.org/2014/11/28/arigato20141127/
■テレビ神奈川「tvkNEWSハーバー」にて横須賀オフィスの取組みが紹介されました。
http://timecapsuleinc.org/2014/12/08/tvknews/

26才の時に横須賀から東京に出て、上海を経由して東京、岐阜と渡り歩き、12年ぶりに(やや大袈裟ですが)故郷の土を踏むことができました。
横須賀バレー

今、思い返しますと、故郷というものは特別なもので、例えば、上海でビジネスをしている時、にわかに信じ難いことが商習慣や法律の違いもあり、日常茶飯事という日々なのですが、心のどこかで、仮に全てを失っても地元に戻ればなんとかなるさ、という心の支えがあったことは確かでした。(勿論、目の前の仕事には全力で取りかかっておりました)

話が長くなりましたが、12年ぶりに地元で商売を再スタートし、もう「地元に戻ればなんとかなるさ」なんて言ってられない状況で、己の全ての力を出し切って商売を成功させるしかない、というのが今日の心境です。己の全ての力を出し切るため、金輪際、酒に酔うのはやめました。酔っ払い、引退しました。どんな時も全力で戦える身構え、心構えを持ち、あらゆる困難が来ても、打ち克てる肉体と精神を再構築するつもりです。

年の瀬の27日から29日まで、横須賀オフィスで繰り広げられた谷戸ハックでは、岐阜から熱意を持った弊社スタッフが多数参加、都内で活躍する超一流のエンジニアの皆さまにも参加いただき、更に仙台からは原さん、また地元の親友も駆けつけてくれました。この熱い空間の持つエネルギーがあれば、夢は実現すると強く実感することができました。
谷戸ハック

2015年は、さらにタイムカプセルの成長を加速させ、他社にない(他社ができない)弊社独自の地域密着経営を皆さまにお楽しみいただきたいと思います。関係各社の皆さま、各地域の皆さま、どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

最後に、小職の全ての活動を支えてくれている家族に感謝。ありがとう!

2015年1月1日 相澤謙一郎

38歳になりました。ありがとうございます。

メール、facebookなどでお祝いのメッセージをいただきありがとうございます。38歳になりました。

37歳の一年を振り返ると、毎度のことながら、落ち着きのない365日だったような気がします。浅草で商売はじめて、儲からんと分かると途端にやめて、新しい会社をつくって一気に14人体制にしたり、いろいろありました。かれこれ、こういう生き方を20年ぐらいしているので、これが自分の生き様なのかもしれません。本当は、のんびり単車でもイジりながら、だらだら過ごしたいと夢みることもあるのですが、無理でしょうね(笑)

タイムカプセルを立ち上げたのが、去年の5月なので、誕生日月とかぶるわけですが、今年一年は、最強にエキサイティングな一年になりそうです。元ハンドボーラーらしく、熱く激しく、そしてスピーディーな経営をしてまいりたいと思います。

理想のハンドボールは、
・鉄壁のディフェンスからの速攻で、きちんと点が取れるチーム
・リスクテイクした守から攻の切替が全員でできるチーム
・圧倒的な運動量と、持久力、そして献身的なカバーリングを厭わないチーム
・グランドでは学年関係なく、プレイに集中できるチーム
そういった会社にタイムカプセルをしていけるよう、日々、精進していきたいと思います。

そして今年もこれからも家庭第一で、日々の暮らしを、酒と共に、楽しみたいものです。あらためて、よろしくお願いします。
おとうさん

一輪の花の格言

夢の中で、高貴な方からこのようなことを忠告されて頭から離れない。

「あなたは一輪の花を欲するとき、三輪の花を用意してくれる。百輪の花束を欲するときも、三輪の花しか用意できない。」

小さな仕事では成果を出すが、大きな仕事は任せられない。ということだろうか。己の人生を振り返ると、言いえて妙である。

ビジネスの世界では、「ゼロからイチ」、「イチからヒャク」、「ヒャクからセン」など事業拡大フェーズに応じて、必要なスキルや人材は異なるなど言われることがある。実績上、小生は「ゼロからイチ」の仕事が多く、逆に言えば巨大なプロジェクトの経験に乏しい。

個人の能力の点では、学力、体力ともども、努力の観点からも、実績の観点からも中の上レベルでまったく突き抜けていない。

しかし、これが己の生き様。ハンドボールとドラムで培った俊敏生、機動力、リズムキープとグルーヴを武器に、突き進むしかない。
西域人

2014年2月19日の朝日新聞神奈川版の記事について

昨日、2014年2月19日の朝日新聞神奈川版の記事について、補足させていただきます。当方のコメントとして、下記のように記事になっておりました。

地元のYRPについては「交通アクセスが不便で、ベンチャー企業では、業界のにぎわいを創出できない」と評価し、進出に消極的だ。


上記、当方の発言に間違いありませんが、補足の必要があります。
まず、前提としまして、当方は、生まれ育った街、横須賀の魅力を地元の方にも、また日本中の方にも、世界中の方にも知っていただきたいと思って活動しています。温暖な紀行、海と山、都心へのアクセスの利便性、そして米軍基地がある街、独特の雰囲気。横須賀はいいところです。

地元の方々に横須賀の魅力を知っていただこうと、当時、勤務していた(株)ぱど社で横須賀版のぱど(フリーペーパー)を創刊しました。会社のバックアップもあり、創刊号から黒字、広告の反響も上々で、横須賀のお客様からも喜んでいただきました。横須賀で生まれ育ち、横須賀で働く。幸せなひと時でしたが、「横須賀の相澤で終わりたくない症候群」が発症し、最終的には「世界の相澤」を目指すと息巻いて、上海にまで旅立つわけです。

横須賀から離れて10年。現在、おかげさまで会社の経営をしております。会社にとっても、横須賀にとってもメリットのあることを実現すべく、ベタではございますが「ITで活性化」ということで、シリコンバレーならぬ、ヨコスカバレーを立ち上げようとしているのが、今日現在の動きです。

前提説明が長くなりましたが、当社のような小さなベンチャーが、YRP野比に入居しても、火種にはなりえないだろうと判断した次第です。むしろ、横須賀中央や汐入などに拠点を作り、移動コストを最小に抑え、必要に応じて東京、横浜に速攻で攻め入ることができる陣形を敷きたい。また勉強会や交流会を開催する際も、横須賀中央の方が人を集めやすいだろうし、東京からも人を呼びやすい。
そして何より、横須賀のダウンタウンと結合していることが、横須賀で仕事をする大きな意味だと、横須賀人として強く思っています。中央酒場や、忠考、銀次、一福などダウンタウンの文化を体感しないと横須賀の味は、味わえないのです。

もう1点、横須賀中央の坂上である上町や、汐入の坂の上、いわゆる谷戸と呼ばれる地域では、より利便性のいい地域へ住民が引っ越していく傾向にあり、空き家が増えており、横須賀市の課題となっています。

■谷戸の空き家に"光"
http://www.townnews.co.jp/0501/2013/01/01/171341.html

この谷戸にベンチャーや開発者を集めて、文字通りのヨコスカバレーを立ち上げようと考えているのです。なんで不便な谷戸に?という声もあるかもしれませんが、若者であれば、ダウンタウンまで10分もかからず歩けますし、坂道や階段も全然、苦になりません。むかし、バンドの先輩が汐入の谷戸で家族と住んでいましたが、一戸建てで家賃も安いし、けっこう広いから、友達も呼べるので、よく飲み会など開催して、楽しいひと時をすごしたものです。勢いのあるベンチャーが集まったら、絶対楽しい唯一無二の「場」になります。

こんな活動をすることが、自分ができる「火種おこし」だと考えていますので、冒頭の記事のコメントになったわけです。ベンチャー企業とは、当社のことで、世間一般の企業様ではないことも明言いたします。ヨコスカバレーで成功し、規模が大きくなったら、胸を張ってYRP野比に進出すればいいのです。将来は、横須賀の人で溢れるYRP野比の姿を見てみたいです。実現させないといけないのかな。

昨晩、三等兵が横須賀行きを快諾してくれましたが、当方と横須賀に行ってみたい方、まずは一杯飲みに行きたい方、お気軽にお声かけください。週末は横須賀中央あたりで飲んでいる可能性が高いです。

最後に記事にしてくださった朝日新聞の記者の皆さま、ありがとうございます。問題提起いただき、感謝しております。今後の横須賀にぜひ注目ください。

以上、長くなりましたが、補足させていただきました。
一福

2013年の振り返りと2014年の抱負

新年あけましておめでとうございます。年末気分のないまま、元旦を迎えてしまいました。今年も徒然なる侭に「2013年の振り返りと2014年の抱負」を書き連ねたいと思います。
1555399_10201290741206658_176414162_n

2013年は「出会いと別れ」の年でした。

3月末をもって「スマートフォンアプリ開発関連人材育成事業委託業務」が終了し、半年間、苦楽を共にしたメンバーがそれぞれの道に歩んでいきました。転職される方、起業される方、幸いにして共に働くことを選択してくれた方、出会いがあれば別れもある。当社を卒業された皆さんの活躍を祈るばかりです。

5月には、位置情報を使ったアプリ開発支援プラットフォームを運営する「タイムカプセル合同会社」を設立。9月に、「タイムカプセルソリューション」導入アプリ第一弾として、 横浜F・マリノス殿と共同でiPhoneアプリ「横浜F・マリノス コレクションカード」の配信を開始いたしました。
小職が10年間、本業としていた地域情報と、Eagle創業後の本業としてきたアプリ、そして原点であるスポーツ。人生の多くの時間を突っ込んできた、この3つの要素を掛け合わせた事業と出会えたことはビジネスマンとしてたいへん幸せなことです。「スポーツ×アプリ」という新しい市場を切り拓いていきます!ご期待ください。
marinos_banner700

今年最大の出会いと別れは、「鷹や浅草」です。新年早々、小売業への挑戦を意思決定し、5月に浅草伝法院通りに創業。永きに渡り地元の皆さまに愛される商売をしたいと思っておりましたが、11月に閉店。数日で全ての内装をぶっ壊して引き渡しが完了いたしました。
十九才で横須賀のドブ板通りで飲み屋をはじめて十数年、色んな商売、仕事をやってきましたが、これほどまでに売上目標と実績が乖離した事業は記憶にありませんでした。事業としては大失敗し、関係各社の皆さまにご迷惑をおかけしたこと、また「鷹や浅草」を応援していただいた浅草の皆さまや、お客様の期待に添えなかったことをお詫び申し上げます。

一方で、商売人としてながい目で見ると、かえ難い経験をさせてもらいました。商売の世界は甘くありません。本当のプロ以外は生き残ることはできないのです。一縷の心の隙が命取りになるのです。商売の奥深さに触れ、商売に対し、より謙虚に、誠実に生きていこうと決めた2013年でした。また自分なりの商売に対しての考え方も朧げながらに見えてきたと実感しております。2014年は、昨年の反省を活かし「黒字経営」をモットーに全力疾走いたします。
鷹や

Eagle及びタイムカプセル社の開発拠点である岐阜県では、様々な事業に参画させていただきました。その中でも、岐阜県庁中島課長のご紹介が縁でスタートした県立岐阜商業高校殿でのアプリ開発授業にて、生徒の皆さんと出会えたことは、今後仕事をする上での、大きな指針をつくってくれました。

・次世代を担う若者の成長なくして、日本の未来の成長はないことを確信(これを実現されるため、多くの先生方が日々、情熱をもって取り組まれている事実を知ったことも大きい)
・地元人材の育成と地元人材の採用そして長期雇用を実現することが競争優位性を持つ(現在の高校生のスキルが極めて高く、まだまだ伸びシロがあるので)

今年の3月には一期生が卒業していきます。二期生の授業もはじまりました。今、一番、手応えを感じている事業のひとつです。県立岐阜商業高校の先生の皆さま、岐阜県庁の皆さま、授業を支えていてくれる当社スタッフに感謝しております。
12040102

最後に地域との出会い。
原亮さんからのお誘いで岐阜県の皆さまと出会い、岐阜に拠点を移して現在に至ります。そして、岐阜で南相馬市市会議員の但野さんと出会い、今日の南相馬ITコンソーシアム殿との(アプリ開発における)協業にいたっております。南相馬では、重要無形民俗文化財に指定されている相馬野馬追の公式アプリを南相馬ITコンソーシアム殿と共同で開発、野馬追にも参加させていただきました。南相馬ITコンソーシアム殿の皆さんは地元の高校生や小学生にプログラミングを教える活動もはじめられ、小さな火種が着実に大きくなっています。
南相馬ITコンソーシアム

2014年は、「地域人材による地域情報を活かした地域産業の成功」を目標に東京、大垣、南相馬、そして新たに立ち上げる横須賀で、地域の皆さまと手を携えて、地に足を着けた商売を展開してまいります。関係各社の皆さま、各地域の皆さま、どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

遅刻は万死に値する

目標未達は万死に値する。などとのたまい、営業マン時代、飲み会などでよく同僚に絡んでいた。また、遅刻は万死に値する。などと時間にルーズな営業も徹底的に叩いてきた自負がある。

しかし今週、二回遅刻しました。すみません。万死に値します。己の無能力加減を晒すことで、戒めにいたします。

まずは火曜日の会食。まずは19時30分開始を20時30分と勘違い。FB経由で連絡いただき、すっ飛んでいくと、駅で財布忘れが発覚。往復時間分、更に遅刻。この会食が初対面だったので、最悪のファーストインプレッションだったでしょう。このチョンボを取り戻すため、マシンガントークを展開することになります。

そして今日。目印となるビル名が「桜木町●●ビル」だったので、迷わず懐かしの町、桜木町へ。どうもビルがないと思い、ググってみると、なんと横浜駅に「桜木町●●ビル」があることが発覚。激烈に遅刻した次第です。

ライン際の攻防はテニスぐらいにして、今から、時間に余裕を持つ男に生まれ変わりたいと思います。万が一、小職が遅刻したら、開口一番「遅刻は万死に値する」すると宣告をお願いいたします。最後に火曜日と本日、ご迷惑をおかけした関係者の皆さまにお詫び申し上げます。仕事の結果でお返し致します。

2012年の振り返りと2013年の抱負

新年あけましておめでとうございます。元旦ということで今年の抱負などを徒然なる侭に書き連ねます。
おしゃれ年賀

■2012年の振り返り
2012年も「生存」して、2013年を迎えることができました。まずはすべての関係者の皆さまに御礼申し上げます。2011年同様、生き延びたという事実以外は、昨年も大ヒットアプリを出すことができなかったので、業績としては全く満足できません。一方で、小職の知りうる限り、厳しいこのiPhoneアプリ市場で生き残れたことに感謝する次第です。

2012年の活動を振り返ります。
■Eagleアプリ
46本のアプリをリリースしました。毎月3本から4本のペースでリリースしたことになりますので、週刊誌のサイクルと同様です。週刊誌の仕事が締切に追われる生活であるのと同様、1年間、おかげさまで忙しく働くことができました。

2月にGREEさんのプラットフォームで「ホールインワン ゴルフ for GREE」をリリースしました。GREE旋風に便乗して、ひと儲けしようと息巻きましたが、ダメでした!ゲーム自体は面白いので、ぜひ遊んでみてください。
320x480-75


子供の頃、大好きだった「ブラックエンジェルズ」のアプリ開発に携われたことは嬉しかったのですが、ヒットに結びつかず、悔しかったです。そんな中、「リアル鬼ごっこ」は累計60万DLを超えるヒットアプリとなり、Eagleの2012年を代表するアプリとなりました。
BA_pre

1年越しで開発した矢口先生の不朽の名作「釣りキチ三平」も漸くリリースすることができました。今年はゲーム開発にも挑戦します。


■フジテレビ 怒濤のゲームアプリ1000本ノック
26本のアプリをリリースしました。
年初は「ダーツの達人」や「目指せ!三冠王」、「ナンバーゾーン」などのヒットアプリに恵まれましたが、後半、苦戦しました。今年は300万DL級の大ヒットアプリを出したいです。出さなくてはなりません。
320x480-75

■Photo Product Partner Program
2011年に設立したフォリオ社の「Photo Product Partner Program」をリリース。飛躍の一年となりました。

【スマホアプリをとおして注文された商品収益の一部をアプリ開発者に還元する「Photo Product Partner Program」を構築】
http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_0653.html

数字は公表できませんが、12月にリリースした「おしゃれ年賀」は、相当の手応えを感じており、今年は「リアルのとの連携」がスマホアプリの付加価値拡大の重要なポイントになることでしょう。
phones

■スクール事業
RainbowAppsスクールの他、岐阜県で合宿型のiPhoneアプリ開発講座「虎の穴」を開講しました。29泊30日という壮絶な講座でしたが、インターン生含め、20名以上の方に参加いただき、熱い合宿となり、後の岐阜進出の足がかりともなりました。今年も3月に開講予定です。
虎の穴_信長公

■大垣第一工場設立
野田第一工場に続き、岐阜県大垣市に大垣第一工場を設立いたしました。現在、大垣では14名の仲間が日々、アプリ製造に従事しています。昨年の正月には想像もできなかった展開ですが、今年はより大垣に腰を据えてビジネスを展開していきます。2013年2月には、甲子園でもお馴染みの県立岐阜商業高校殿で講義を受け持つ予定です。随時、スタッフを募集しておりますので、我こそは!という方は相澤までお気軽にご連絡ください。

【大垣第一工場(岐阜県大垣市)設立のお知らせ】
http://www.eagle-inc.jp/recent-announcements/dreamcore


さて、そろそろ2013年の豊富にうつってまいりますが、残念ながらNDA上、あまり書けることがありません。粛々と大ヒットアプリを狙っていきます。そして、2013年は日本最高のコンテンツを続々とアプリ化していきます。これでヒットしなかったらビジネスマン失格です。当方のビジネスマン人生を賭けて、旋風を巻き起こすことを誓います。一アプ入魂!
一アプ入魂


最後に昨年一年、小職の活動を支えてくれた家族、横須賀、日暮里の親戚一同に感謝しなければなりません。特に昨年は、長男が9月に誕生し、6月より入院していた妻の負担は相当に大きかったはずです。今年は、少なくとも2回、家族旅行を敢行することを誓い、新年の抱負とさせていただきます。今年もよろしくお願いします。

F社長に感謝

多忙の中、F社長に1時間45分に渡りお時間をいただいた。

この2年、ずっと探してきた自身の真の課題を的確にご指摘いただいた。胎に落ちた。

過去との付き合い方、そして今後、自身が何をすべきか、道筋を見つけることができた。点と点が線で繋がったことがはっきりと確認できた。こんな清々しい思いは帰国後、初めてだ。

このような機会を作ってくれたGF氏とF社長に感謝します。ありがとうございます。

追記
F社長は誰もが知っている某外食チェーンの財務を率いてきた方。F社長が直々に講師をされるビジネスマン向け講座があります。ご興味のある方は、相澤までご連絡ください。

あいざわけんいちろうの音相分析

お取引先の社長殿に「あいざわけんいちろう」の音相分析をしていただきました。
「あいざわけんいちろう」の音相分析

表情解析は「シンプルな明確さ」が83.3と極めて高い反応を示しています。確かに私は「シンプルな明確さ」が好きで、「不透明」「不明確」なことが嫌いな性格です。

コンセプトバリューは「女性ミドル層」が80.0と高い反応を示しています。

40〜50代女性ということでしょうか。確かにエステサロンの女性オーナー様には、かなり広告出稿を頂いてましたが、関係があるのでしょうか。

[音相システム研究所]
http://www.onsosystem.co.jp/

乾杯!

この3日間、多くの方と乾杯させていただきました。ありがとうございます!

木曜日は本郷で出版社に勤務されるSさんと乾杯。

金曜日は品川で学生時代の仲間と乾杯。

香港に住む後輩と、国際結婚してアメリカに移住した後輩が同時期に一時帰国しているので、みんなで会おう!といった具合です。思い返せば私も2月まで上海暮らしでしたので、仲間と会うのは実に2年振りでした。

昔からの仲間という事もあり、一次会、二次会と乾杯も弾んだのは言うまでもありません。

2次会もたけなわというところで、お友達のFさんからお誘いを受けていた某パーティーの呼び出し電話がかかってきました。続きを読む

退職の挨拶

このたび一身上の都合により株式会社ぱどを退職する事となりました。
まずはお世話になった皆様に心より御礼申し上げます。

入社したのは1999年の事です。
仕事に対する取り組み方、熱意、仕事の質、はたまた素行ともどもひどかった小職が、9年3ヶ月に渡り仕事ができたのも、あたたかく見守ってくださったお客様、同僚、関係各社の皆様のおかげです。

ただ感謝あるのみです。
そしてその思いはぱどを去る日が近づくにつれて、大きくなっていきました。

新卒で配属された横浜営業所3課、横須賀市・三浦市版の創刊、旧秋葉原営業所12課、埼玉営業所でのスーパーバイザー、インターネット広告事業立上げ、中国上海でのフリーマガジン事業、そして広域事業部55課と多くの働く場を与えていただきました。

一つの一つの仕事が、何にも変えがたい経験となり、忘れがたい青春の思い出となりました。

まだまだ至らない点だらけの小職ですので、一生懸命に仕事に取り組んで人として成長し、ほんの少しでも社会に貢献する事が、お世話になった皆様への恩返しと考え、精進いたします。

本当にありがとうございました。

再見!!
(またお会いできれば幸いです!!)

困った時の上杉鷹山公

今年の2月まで住んでいた中国では商習慣の違いや私自身の能力の問題から、簡単と思われる仕事ですら難易度の高い仕事になる事が暫しありました。そんな時、「困ったものだ」「どうしたら解決できるか」などと悩んだ事もあったと記憶していますが、意識的に悩む時間を短くしていました。

どんな具合かと言いますと、早起きして出社、昼間は仕事に励み、帰宅したら風呂に入り、食事をしながら晩酌して、上杉鷹山公の本を読んで眠る。という具合で悩む時間を与えないのです。

(※少しは悩めとお叱りを受けるかもしれません。生きるための健康法という事でご容赦ください。)

財政危機に瀕していた米沢藩(藩祖は上杉謙信の養子、景勝)を蘇らせた稀代の名藩主、鷹山公の本には難しい問題を解決するヒントや技術が盛り込まれているのです。以下、紹介させて頂きます。


さて、帰国後の私ですが、相変わらず鷹山公の本を読んでいます。日本は過ごしやすい場所ではありますが、だからと言って、波の立たない海は無く、四六時中、順風満帆とはいかないのが世の常です。

いつか鷹山公のように「改革の火種」を自ら見出し、実行できるリーダーになれるでしょうか。日々精進するほかありません。

関連する相澤謙一郎ブログ記事
<武田信玄と上杉鷹山>
http://aizawa.livedoor.biz/archives/51413737.html
<上杉鷹山の人間管理の原則>
http://aizawa.livedoor.biz/archives/50621714.html
<上杉鷹山>
http://aizawa.livedoor.biz/archives/19371237.html

謝謝!再見!

昨晩は、ささやかながら別の新しい道を選ぶ事になった社員の送別会を開催しました。忙しい中、駆けつけてくれた皆さん、ありがとうございました。

送別会では彼等を採用してからの数ヶ月の出来事が思い出されました。彼等の才能をもっと活かす方法があっただろうし、その能力が不足していた自分の事を思うと、激しい自滅願望に囚われるので、ここはお互い、今持てる力を出し切ったのだと、前向きに考えたいと思います。

私も彼等もこの経験を活かし、どんな困難にも悠然と構えられる強さを身に付けなければなりません。あなた達がこの上海で、健全に逞しく幸せに生活していく事を願っています。

謝謝!再見!
Survival

普貼趣

普貼趣Easybuyで注文していたラベルライター普貼趣(P-touch)が事務所に届きました。久しぶりに購入するオフィス機器です。
思い起こせば春節前、身一つで上海入りし、当時の部下と事務所を作った際は買い物の毎日でした。什器、椅子、家具、PC、電話、家電機器一式、FAXなどを購入し、インターネットをつなぎ、複合機のリース契約をし、内装工事の管理など、はじめてのオフィス作りを経験させてもらいました。

今では、毎日、別次元の課題に取り組んでますが、何はともあれ当時は仕事ができる環境を作るのに精一杯でした。当時はまだ会った事もなかったスタッフ達と、今、力を合わせてもっとオフィス環境を良くしたいと思います。

仕事のしやすいオフィスの条件の一つが整理整頓です。一つの書類提出を求めるたびに、ゴソゴソと机を探し始める人がいます。この人は一日の内、何分間、仕事を放棄して書類を探しているのでしょう。この癖をなおさないと、この先、ずっと時間を浪費し続けるでしょう。それは私です。リーダーとして失格です。
普貼趣整理整頓されたオフィスを目指し、投資をする事にしました。そして普貼趣(P-touch)を購入したわけです。色々と整理整頓を開始します!

[P-touch.com]
http://www.p-touch.com/

無力の人

無力の人、無能の人と言われる事があります。そう言われてしまうと、自分でもよく自分の能力について理解しているだけに「そうなんです。」と頷いてしまうのですが、なかなかそれは口に出せません。

最近は、中国への出張が多く、言葉が通じない環境で仕事をしています。そんな環境下では特に無力を感じない日はありません。

私の拙い職歴と言えば、バーテンダー6年ほど、営業職9年ほどといった所で、いわゆる喋りで稼いでいた口です。そんな私から喋りを取り除いたら、何ができるのかな?と不思議な気持ちになる夜もあります。

そんな不思議もありますが、今の環境は自分を成長させる千載一遇のチャンスなので、一生懸命、前向きな気持ちで地道に取り組んでいきます。

失敗をすると痛い目に遭う環境下に数年いた事があります。その時に比べれば、今はグッドコンディションです。やったります!

以上、深夜のつぶやきまで。

不揃い記録更新中

我がチームの朝礼に何某の理由で誰かがいない日が11日間、続いている。勿論、業務上の直行や、学生スタッフの学業上の欠勤など止む得ない事由もあるが、いかがなものだろうか。

今日は営業部社員が交通事故に遭い欠勤との事。

管理職だから当たり前だが私はこの部署の最長老。しかし忌引きを除いては、一日も休んだ事は無い。中学生の頃から精勤賞の常連だったから、私にとってはこれまた当たり前の事なのだが、体調管理には気を遣っている。面接時には体力測定が必要だろうか。

来週の月曜日の朝礼は全員が揃う事を期待しているが、営業部社員の症状が気がかり。

以上、ぼやきまで。

V字回復するしかない!

昨年度は赤字転落の見込みだけに、今年はV時回復するしかありません。

赤字転落した要因は様々ですが、私は、お客様にお喜び頂ける媒体が作れていなかったのではないかと考えております。課員には制作、編集、営業全員に一字一句、お客様、読者の皆様にお喜び頂ける内容なのか、真剣に考えて媒体を作っていこうと提案しました。

そして何が何でも1フリーペーパーを作ろうと提案しています。これは3月5日から毎日欠かさず朝礼で言い続けています。兎に角、V字回復に向け、まずは管理職である私が変わらなければいけないのです。

V字回復に向け、我がチームでは全スタッフ強い気持ちを持って、お客様満足度、読者満足度、従業員満足度1フリーペーパーカンパニーを目指します!

関連する相澤謙一郎ブログ記事
<業績予想および配当予想の修正に関するお知らせ>
http://aizawa.livedoor.biz/archives/51132716.html

ミスジャッジ

先日、ある決定事項を部下に説明したところ、すぐに反論されました。しかし、私の考えは変わらなかったので、そのまま進めさせました。

数日後、再度、反論を聞き、よくよく話し合い私自身考え直すと私の判断が間違っている事が分かりました。ミスジャッジをしてしまいました。

翌朝、関係者にミスジャッジをした事、前回の判断を撤回する事、責任は私が持つ事を報告し、早速対応頂きました。大きな混乱も無かったので、ホッとしました。

私のミスを指摘してくれた部下に感謝していますし、誇りに思います。今後も違うものは違うとはっきり言える環境、忠告やアドバイスを素直に聞ける信頼関係がある職場にしていこうとあらためてめて思う新年度の一日です。

奇病再び

週末より食あたり中です。3日目ににて改善の兆しがあり、少し安心しました。口内炎も併発しているので、お粥が主食です。

健全な思考は心身の健康から、と言ってきているだけに情けないです。健康回復せねば!健康第一です!

[奇病奇病奇病]
http://aizawa.livedoor.biz/archives/50924218.html

倉橋社長よりアドバイス

倉橋社長にリーダーとしてのアドバイスを頂いた。

・リーダーが現場の仕事を全てやってしまうと現場の担当者が育たない。
・信頼できる右腕、左腕を作る事。
・「スケジュール管理とチェックと決断」がリーダーの仕事。

ありがたいアドバイス。仕事への取り組み方を考えさせられた。私の成長の糊しろは無限にあるようだ。日々精進しなくてはならない。

ぱどの皆さんへ 私の指針

私が指針にしている事を伝えさせて頂きます。私の努力目標でもあります。

■心身の健康。
心身の健康あっての健全な仕事。健全な心無くして健全な発想はあり得ません。またお金持ちになろうが、高い地位を得ようが、健康を害しては自分ばかりか、家族、恋人、友人ら大切な人がつらいばかりです。

■素直な心。正しい心。
世の為、人の為にならないものは自然淘汰されます。自然の大原則です。媒体も同じです。世の為、人の為にならない媒体は生き残れません。媒体の作り手は皆さんです。いわば媒体は皆さんの分身です。(だから媒体は最高の営業マンなんですね。)自分勝手な考え方や、ひねくれたものの考え方をしていては、分身である媒体もいいものにはなり得ません。
素直な心、正しい心をもって読者、お客様に喜ばれるぱどを作って下さい。

■謙虚さ。
他人の意見に耳を傾ける謙虚な気持ちを忘れないで下さい。私も忘れがちです。
特に営業成績が良い時などは、傲慢になったり、自信過剰になって態度が大きくなったりするものです。いくら成績がよくても、いくら儲かっていても、そういう態度ではいつか自分が苦しくなった時、誰も助けてはくれません。誰しもいい時、悪い時が必ずあるものです。いい時こそ、謙虚さを忘れないで下さい。

■感謝の気持ち。
誰も自分一人で仕事をしているわけではありません。ぱどなら、読者、お客様は勿論の事、ぱどんなさん、印刷会社さん、物流業者さん、制作の方、編集の方、後輩、同僚、上司とたくさんの人が関わって仕事が成り立っています。常に皆さんへの感謝の気持ちを忘れないで下さい。

■熱意。
燃えるような情熱、熱意をもって仕事に取り組んで下さい。皆さんの周りに仕事への熱意が冷めている人がいたら、その人の心に火をつけるくらいの情熱と熱意をもってください。強く願えば、大抵の事は自在にコントロールできるのです。強く願う事、決して諦め無い事が、人生の付加価値を高める方法だと私は信じています。

指針

指針。いつも心がける事。

・心身の健康。
心身の健康あっての健全な仕事。暴飲暴食を控える。尿酸値注意。

・素直な心。正しい心。

・謙虚さ。
「謙一郎の謙は謙虚の謙」と唱える。時に「謙信の謙」となり義に生きる。

・感謝の気持ち。

・熱意。
何事にも熱意をもって真剣に取り組む。

暴に報いるに暴を以ってせず

ここ数日の残酷な事件の報道を見聞きし、以前、読んだ中国歴史小説の君主の言葉を思い出しました。「暴にあっては義を以って応える」というような一説でしたが、詳細は思い出せません。

状況は異なりますが、蒋介石の言葉に「日本の非道は非道として、暴に報いるに暴を以ってせず」という言葉がございます。報復は報復を呼び、怨みは怨みを生むのです。国家間戦争と個々人の確執は、規模に差はあれど、原理原則は変わらないのではないでしょうか。

「人の怨みほど怖いものはない」と言いますが、誰だって怨まれるより、親しくされたいし、応援されたいし、愛されたいでしょう。古いと言われるかもしれませんが、私は「義」をもって人と接するべきだと、自戒の念も込めて強く思います。

2006年を振り返る。

2006年を振り返る。

■3ヵ年計画を夢のある3ヵ年事業計画へ修正。(3月)
→未達成。計画自体を見直し。

■新しいモバイルメディアの立ち上げ、広告販売開始。(4月)
→未達成。「ぱどモバイル懸賞サイトプロジェクト」承認されず。

■独自ドメイン、ムーバブルタイプによるブログのリニューアル(4月)
→未達成。ドメインは取得したが、実行していない。

■チームの人員増強と供に、チームでの売上高1億円超え(2007年3月期)
→未達成。事業部は廃止となる。
<広告販促課廃止のお知らせ>
http://aizawa.livedoor.biz/archives/50873980.html続きを読む

酒浸り

忘年会、接待、クリスマスパーティなどで酒席六連チャン中。今晩で七連チャン。現時点で九連チャン確定。

尿酸値高騰中。折角下がった痛風判定。大人の飲みをしなくては。

関連する相澤謙一郎ブログ記事
<尿酸値8.1→7.2>
http://aizawa.livedoor.biz/archives/50826929.html

決断

今夜、新橋のガード下で、社会人生活最大の決断をした。

いかなる困難も乗り越え、立ちはだかる壁は破壊の対象。

さぁ大冒険の始まりだ。

テレアポ玉砕

今週の日経新聞の記事をネタにテレアポ。

----------------------------------------------------------------------
相澤:「はじめて電話をさせて頂きます。ぱど相澤と申します。ぱどというフリーペーパーを発行している会社です。〜中略〜ご担当者の方はいらっしゃいますでしょうか?」

先方:「生憎、外出しております。」

相澤:「何時に、どなた宛に電話すれば宜しいですか?」

先方:「当方からおり返しましょうか?」

相澤:「こちらから電話致しますので、どなた宛に電話すれば宜しいですか?」続きを読む

奇病奇病奇病

9月の頭から風邪が治らない。9月は二つの病院をハシゴ。点滴も効き目無し。

明日、ぱどは出勤日。だけど有給取って寝ます。皆さん、ごめんなさい。

関連する相澤謙一郎ブログ記事
<薬漬け>
http://aizawa.livedoor.biz/archives/50873505.html

飛び込み営業下手になった。

ADプレミアムの提案で某大手メーカーさんへ。最短で年内発注、遅くとも来春実施に向け再提案。

その後、二子玉川で新人と飛び込み営業に同行。飲食店、証券会社、アパレルショップ、タイ式マッサージ店など。下手すると一年ぶりの飛び込み営業。

キレがない。歯切れが悪い。受注できない。最近、サボっていたら営業の基本の飛び込みが下手クソになっていた。明日から定期的に飛び込みます。

相澤謙一郎さんのお値段

相澤謙一郎さんのお値段は2,253万6629円

階級は「リストラサラリーマン級」です。

■■■総合評価■■■
相澤謙一郎さんがもっている最も高い財産は「人徳」です。憎めない雰囲気や得体の知れぬオーラを発するタイプで、ピンチにもチャンスにも誰かが協力してくれることでしょう。ただし心の値段が低いことがいただけません。人を慈(いつく)しむ心、感謝の心を失えば長期的にはこの人徳すら失ってしまうので御注意を。続きを読む
月刊相澤謙一郎ブログ
QRコード
QRコード
お知らせ
1.記載されている内容は、株式会社ぱど、ならびにぱど関連会社の考え方ではなく、あくまで相澤謙一郎の個人的見解によるものです。なお相澤謙一郎は2008年6月30日をもって株式会社ぱどを退職しております。

2.コメント、TB(トラックバック)は、基本的に大歓迎です。その際、コメントを頂ければ幸いですが、勿論、コメント無しでも構いません。

3.ただし、記事の内容に関係のない、あるいは不適切なTB(アダルトTB含む)、コメントは予告無く削除させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

4.基本的にリンクフリーですが、ご一報頂ければ幸いです。
メニュー
Twitter Widgets
関連書籍
ブログランキング
にほんブログ村 ベンチャーブログへ
最新コメント
最新トラックバック
西暦1862年 - 生麦事件 (ぱふぅ家のホームページ)
生麦事件と有村俊斎
「パワーブロガーが選ぶ、2008年度ウェブキャンペーンベスト5」バトン (↑【パワーブロガーの法則】世田谷のProducer(映画キャスティング・広告・出版・ブログ・グッズ等))
サンデーモーニング会議@高田馬場
マーケティングの新潮流vol.1 感想御礼 (↑【パワーブロガーの法則】世田谷のProducer(映画キャスティング・広告・出版・ブログ・グッズ等))
マーケティングの新潮流vol.1
芸術の秋 〜 展覧会巡り計画中 〜 (広告代理店勤務女子の憂鬱☆彡)
菌類のふしぎ
白洲次郎とは何者だったのか(50) (折り返し地点を過ぎれば人生下り坂)
寺崎太郎
天気
ぱどタウンティッカー
  • ライブドアブログ