相澤謙一郎ブログ「22世紀にのこる ものつくりを志して!」

相澤謙一郎の理念  一、無から有を生みだす。 一、顧客の笑顔=商品の付加価値=利益 一、世のため人のためになる事をする。それ以外はしない。 一、変化を恐れない改革者であり続ける。 一、従業員はもとより、家族、親族、近隣住民を大切にし、彼等から信頼される企業となり、人となる。

ヨコスカバレー

「YOKOS会議2020」にてモデレーターを担当いたします。

YOKOS会議2020

タイムカプセル株式会社(支社所在地:神奈川県横須賀市、代表:相澤謙一郎)代表の相澤謙一郎が12月18日に開催される「YOKOS会議2020」にてモデレーターを担当いたします。

ICT・IoTで「10年、100社、100億を横須賀へ!」を目標に、活気溢れるユニット活動を続けている”ヨコスカバレー構想実現委員会”。2020年、PRイベントYOKOS会議が地元で初のオンライン開催!

開催日時
■2020年12月18日(金)18:30〜20:30
■Zoom 及び FacebookにてLive配信@16Startups

プログラム概要
(1) オープニング 18:30
ヨコスカバレー構想実現委員会 相澤 謙一郎 会長

(2) 応援メッセージ
横須賀市長 上地 克明 氏

(3) 応援メッセージ
環境大臣 兼 原子力防災担当大臣 衆議院議員 小泉 進次郎 氏

(3) 参加者自己紹介
(Zoomブレイクアウトルーム活用)

(4) パネルディスカッション  峅須賀で盛り上がるe-スポーツ」
横須賀市eスポーツ協会 代表理事 萩谷 飛元 氏
横浜マリノス(株) 経営企画部 武田 裕迪 氏
東日本電信電話(株) 経営企画部 営業戦略推進室 eスポーツ担当主査 小野 康佑 氏
横須賀市文化・スポーツ観光部 観光課 小山田 絵里子 氏

(5) パネルディスカッションヾ響曄Π娶交換
(Zoomブレイクアウトルーム活用)

(6) パネルディスカッション◆ 峅須賀を盛り上げる海の観光事業」
(株)トライアングル 代表取締役社長 鈴木 隆裕 氏
防衛大学校 システム工学群 機械システム工学科 教授 木原 一 氏
株式会社タウンニュース社 タウンニュース横須賀版 編集長 安池 裕之 氏
(株)JTB 横須賀支店 支店長 馬場 亮 氏

(7) パネルディスカッション感想・意見交換
(Zoomブレイクアウトルーム活用)

(8) クロージング 20:30

申し込み【Zoom参加者:先着順100名】
https://www.yokosuka-valley.com/yokosukaigi2020_form/
※プログラム、登壇者については当日予告なく変更となる場合がございます。

■主 催:ヨコスカバレー構想実現委員会/横須賀市IoT推進ラボ(事務局:公益財団法人横須賀市産業振興財団)
■共 催:横須賀市
■後 援:独立行政法人情報処理推進機構(IPA)/YRP研究開発推進協会
■問合せ:(公財)横須賀市産業振興財団(担当 石井)TEL:046-828-1631 Mail:plaza9@olive.ocn.ne.jp
■当日連絡先:080-4384-5934
■協 賛:
NECソリューションイノベータ株式会社、京浜急行電鉄株式会社、タイムカプセル株式会社、株式会社キャリエ・レゾ、株式会社グローアップシステム、株式会社ステップ、株式会社ニフコ、株式会社ブール・ジャパン、株式会社ヤチヨ、YRP情報産業協同組合、かながわ信用金庫、湘南信用金庫、横浜銀行、住友生命 南神奈川支社(順不同)
YOKOS会議2020

YRPにおけるオープンイノベーションを考える「YRPカンファレンス」開催

YRPカンファレンス

株式会社マチノベ(本社:横須賀市、社長:相澤 謙一郎、以下 マチノベ)とヨコスカバレー構想実現委員会(会長:水野 堅市)は、2020年1月17日(金)に、横須賀リサーチパーク(所在地:横須賀市、以下 YRP)において、「YRPカンファレンス」を初開催いたします。

これは、マチノベが横須賀市内で運営するシェアオフィス「16Startups」にて毎月開催しているトークイベント「イチロクカンファレンス」をYRPで実施し、YRPでのオープンイノベーションによる新たなビジネスの創出を図ることを目的としたものです。

「YRPカンファレンス」では、将来の移動通信などが体験できるNTTドコモR&Dセンタ展示ホール「WHARF」や、産業ガスなどエネルギー開発の研究施設である日本エア・リキード株式会社の「エア・リキード東京イノベーションキャンパス」など、YRP内施設を見学し、トークイベントでは京急電鉄、富士通株式会社、株式会社ニフコの新規事業担当者を招いて、YRPの活性化や新たなビジネスの創出の取り組みをご紹介していきます。

これらの取り組みを通じて、横須賀市におけるオープンイノベーションを推進し、地域の活性化を目指してまいります。
「YRPカンファレンス」について
1.日 時 2020 年1月 17 日(金)12:30〜20:00
12:00 受付開始
12:30〜18:30 YRPカンファレンス
・株式会社NTTドコモR&Dセンタ 展示ホール「WHARF」見学
・日本エア・リキード株式会社「エア・リキード東京イノベーションキ ャンパス」見学
・YRPベンチャー棟,YRPセンター1番館見学
・イチロクカンファレンス(各ゲストスピーカーによるピッチ)
【登壇者】
京急電鉄 新規事業企画室 橋本雄太
富士通株式会社 法務・知財・内部統制推進本部 知的財産イノベーション統括部ビジネス開発部 田口有悟
株式会社ニフコ ホームソリューションカンパニー 営業部 マーケティングチーム 渡邉啓

18:30〜20:00 交流会(自由参加)
※スケジュール・登壇者は変更する場合があります。

2.場 所
YRPセンター1番館2階 第1会議室(横須賀市光の丘3−4)
※交流会はYRP内ローズテリア(横須賀市光の丘3−3)にて実施

3.募集人数
50 名(先着順)

4.参 加 費
無料 ※交流会参加者は 2,000 円/人(税込)

5.申込期間
2019 年 12 月 20 日(金)〜2020 年1月9日(木)
※募集人数に達し次第,受付を終了いたします。

6.申込方法 専用フォームから必要事項を記入のうえ,お申し込みください。
http://www.yokosuka-valley.com/20200117_form/

<参 考>
1.ヨコスカバレー構想実現委員会について
2015 年7月に発足した,雇用・所得の拡大,定住促進,イノベーションの推進に向けて 横須賀にICT企業の誘致・集積を目指す「ヨコスカバレー構想」の実現を目指すグループ。 2017 年には横須賀市IoT推進ラボとして経済産業省の選定を受け「10 年,100 社,100 億 を横須賀へ!」を目標に起業推進・企業集積と人材育成のイベントなどの活動を続けている。

2.「16Startups」について
クリエイター,フリーランサー,ベンチャー企業にオフィススペースを提供するとともに, 創業支援,ビジネスサポートを行っている。経営相談,法律相談,企業同士のマッチングも バックアップ。横須賀から世界に挑む人材を生み出すことをミッションとしている。
YRPカンファレンス_リーフレット

ヨコスカプログラミングスクール開講のお知らせ

今年度もヨコスカバレー(プログラミング研修ユニット)主催のヨコスカプログラミングスクールの講師を担当させていただきます。プログラミングやWEBデザインスキルを習得いただき、横須賀から新たなスタートアップが生まれて欲しいです!ご応募お待ちしてます!

【ヨコスカプログラミングスクール】小学生向けDSプログラミング講座にて講師を担当いたします。
https://timecapsuleinc.org/2019/07/02/yokosukaps2019/
ykskps2019


【ヨコスカプログラミングスクール】主婦向けWEBデザインスクールにて講師を担当いたします。
https://timecapsuleinc.org/2019/07/02/yokosukaweb2019/
webdesignschool

未来のCGクリエイター育成講座

ヨコスカバレーでは「未来のCGクリエイター育成講座」を16Startupsで開催いたします!横須賀の小・中学生の皆さん、ぜひご参加ください!
完成版 2019年度チラシ表

完成版 2019年度チラシ裏

■ヨコスカバレー
http://www.yokosuka-valley.com/

よこすか情報利活用ワークショップを開催いたします!

よこすか情報利活用ワークショップ

横須賀市の情報発信、情報の利活用をさらに活性化させるノウハウをワークショップを通し学びませんか?
午前は紙媒体からは「グラフィックレコーディング」の講座を行い、午後はデータの利活用方法やデータの見方のレクチャーとともに「オープンガバナンス」や「公民連携」に向けた講座も行います。

■開催日時
2月23日(土)10時〜16時
懇親会16時〜17時30分(任意参加、会費2,000円)

■場所
10時〜16時 産業交流プラザ(第一会議室)
16時〜17時30分 産業交流プラザ(交流サロン)

■ワークショップ名
よこすか情報利活用ワークショップ

■ワークショップ内容
10時〜12時
【第一部】グラフィックレコーディング講座

<グラフィックレコーディングとは?>
対話や会議内容などを可視化し1枚の紙にまとめる技術のこと。
テキスト(文字)だけでは分かりにくいことも絵などを用いることにより直感的に伝えることができる新しい技術。

12時〜13時 昼食休憩(会場から昼食のご用意はございません。)

13時〜16時

【第二部】公民連携に向けたデータの利活用

<オープンガバナンスを実現しよう>
行政サービスをこれからも全て行政が担っていくべきなのか?
市民が、企業ができることは?
シビックテックを交えた新しい切り口で情報の利活用についてお話します。

※シビックテックとは
シビック(市民)とテック(IT)を合わせた造語。IT(テクノロジー)を用いて市民も一丸となり、地域課題の解決に向けて考えていこうという発想のこと。

16時〜17時30分 懇親会(任意参加)

17時30分 解散

■参加費
無料

■定員
25名(定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。)
懇親会は任意参加になります。(当日参加も可能です。)

■申し込み方法
下記のフォームよりお申し込みください。
https://www.yokosuka-valley.com/20190223_form/

<応募締め切り2月19日(火)>
※午前・午後いずれかのみのご参加も可能です。

■講師プロフィール
市川博之氏
コンサルティングファームを経て、現職、Code for Japan、市川電産CEO、シビックテック・ラボ代表理事として自治体、民間企業へのIT全般のコンサルティング・開発・研修をおこなっている。

市川希美氏
リアルタイムの議事を可視化するグラフィックレコーディングを扱う。
全国各地の自治体を中心に課題解決の場で描くことが多く、自治体から市民への発信手段として自治体職員向けのグラレコ教室なども手がける。

■主催
横須賀市産業振興財団
https://yokosanshin.e-yokosuka.jp/index.html

■協力
ヨコスカバレー構想ハッカソンユニット
Code for Japan
Code for Yokosuka

■運営
タイムカプセル株式会社
https://timecapsuleinc.org/

■問い合わせ
ヨコスカバレー構想ハッカソンユニット(担当:タイムカプセル株式会社代表 相澤謙一郎)
MAIL:info@timecapsuleinc.org

横須賀市産業振興財団
TEL:046-828-1631
2023_d

2018年の振り返りと2019年の抱負

年賀状2019

タイムカプセルは1月7日(月)から仕事始めとなります。毎年恒例ですが、スマホで写真年賀状で作った年賀状でまずは新年の挨拶をさせてください。

2018年も光陰矢の如し、あっという間の1年でした。年度末に向けて、様々なプロジェクトが重複する中、背中を向けることなく勇敢に立ち向かってくれたスタッフの皆さんに感謝。なんとか乗り切ることができましたが、一部のプロジェクトでは改善の余地が残る点もあったので、最高の品質を実現するため研鑽を積む必要があると日々、感じています。

4月に新入社員を迎えて第6期がスタート。様々な事情があり、今年の新入社員の皆さん、第二新卒で入社いただいた社員の方が早々にタイムカプセルを卒業することになりました。社員の皆さんを一人前のビジネスマンに育てることは会社としても個人としても絶対成し遂げなければならない責任ですので、己の無力さを痛感しつつも、自分自身がひと回りもふた回りも成長しなければならないと覚悟を決めました。

自身の成長のため、インプット量を増やそうとカマコン、ヨコスカバレーつながりの宮田さんの紹介で、経営者のコミュニティである経営塾に入りました。経営塾での学び、仲間との出会いが本当に大きかったです。恥ずかしながら、小さなお堀をせっせと掘り続けている「一人きりの王様」であることに気づかされました。このままではビジョンは実現できない。ビジョンを実現するため新たな目標を設定し、家族、社員の皆さん、自分と向き合っていくことを決めました。仲間に心から感謝しています!
経営塾

反省の多い1年でしたが、心から勇気付けられる出来事も幾つかありました。

一つは気仙沼ラボの立ち上げです。
■気仙沼ラボ(宮城県気仙沼市)設立のお知らせ
https://timecapsuleinc.org/2018/04/15/kesennumafactory/
開所式

気仙沼で開催した採用説明会での出会いがきっかけでした。その方は仙台でプログラマーとして勤務されていたのですが、事情があり気仙沼に帰省。プログラミングのスキルを活かせる職場を見つけることができずコンビニで勤務されていました。タイムカプセルの気仙沼進出を知り、面談に来てくれたのです。早速、入社いただくと驚くほど成果を出してくれました。その方の幼馴染という方もご縁があり入社いただき、また彼女の母校から新卒で採用ができるなど、たった1年で一人からスタートした開発拠点が4月には5名体制になる見込みです。

気仙沼というそれほど規模が大きいとは言えない地で、廃校をリノベーションしICTの拠点を作り、地元の若者5名が(入社予定の方も含む)気仙沼活性化のため前向きに仕事に取り組んでいます。

岐阜、横須賀で培ってきた経験、ノウハウが気仙沼で花開き「気仙沼モデル」が構築できました。より一層、気仙沼にも特化しつつ、「気仙沼モデル」を全国に拡げ、「ITで地域から日本を元気に!」を実現していきます。

もう一つは念願の九州での展開ですが、こちらは抱負にて述べます。

15

次に本業のアプリ開発について。こちらも「スポーツ×ITで地域活性化」を掲げて活動してきたタイムカプセルにとって集大成と言えるプロジェクト「ANA ウインドサーフィン ワールドカップ 横須賀・三浦大会」のアプリ開発を担当させていただきました。
■気まぐれな自然に泣く海のスポーツ、救いの手はIoT
https://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/feature/15/110200006/052900122/?P=4&ST=SIO-tec
『富士通がアプリの開発を依頼したのは、ベンチャー企業のタイムカプセルである。スポーツ関連のアプリの制作を得意とし、横須賀市にも拠点があることからパートナーに選んだ。航跡の短縮といった仕様の変更を即座にアプリに反映するなど、機動的に対処してくれたという。』(SPORT INNOVATORSより)

このプロジェクトの成功により、パートナー企業様との研究開発、そしてIoT領域でのアプリ開発を事業の柱にすることを決断するきっかけになりました。
イチロク2周年記念イベント

振り返りの最後は横須賀の仲間と立ち上げた16Startups (イチロクスタートアップス)の成長です。おかげさまで2周年を迎え、会員企業様(個人会員様含む)も30社近くとなり、昨年も複数のスタートアップがイチロクから生まれました。「ヨコスカバレーがICT企業のコミュニティとなり、イチロクが現場となる。」とオープニングイベントで宣言しましたが、およそ当初の目的は果たすことができました。これもご支援いただいている会員様、イベントに登壇、参加いただいている皆さまのおかげです。改めて御礼申し上げます。横須賀のスタートアップの聖地となれるよう引き続き全力で運営してまいります。
イチロク

2019年の抱負は簡潔にまとめます。
1.全国制覇に向けて先祖伝来の地、九州へ進出
2.IoT、ロボット事業で世界初に挑戦し続ける
3.スタッフ100人体制に向けて経営基盤の整備
4.自分自身がボトルネックにならないよう成長し続ける

2019年も全力疾走で日本全国を駆け巡ってまいりますので、各地の皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。
IMG_9173

「スマートファクトリーJapan」にてヨコスカバレー構想実現委員会運営本部長として登壇いたしました。

20180601_125158

6月1日に開催された「スマートファクトリーJapan」にてヨコスカバレー構想実現委員会運営本部長として登壇いたしました!

2018年、発足3周年を迎えたヨコスカバレー構想実現委員会。2017年には横須賀市IoT推進ラボとして経済産業省の選定を受け、「10年、100社、100億を横須賀へ!」を目標に起業推進・企業集積と人材育成・イベント開催が生まれるユニット活動を続けています。今回は、横須賀の魅力を発信しつつ様々な活動を発表いたしました。

■スマートファクトリーJapan
https://biz.nikkan.co.jp/eve/smart-factory/overview.html

■ヨコスカバレー構想実現委員会
https://www.yokosuka-valley.com/

【「水産×IT」で水産業活性化!〜宮城県松島湾での挑戦〜】にてパネルディスカッションに登壇し、ファシリテーターを担当いたします。

26782018_1679642488755193_1656468426_o

ようやく尊敬する三嶋社長を横須賀にお呼びすることができました!当方は司会進行とファシリテーターを担当させていただきます。ぜひご来場ください!

宮城県仙台市に本社を構えるアンデックス株式会社の三嶋社長は、平成26年より松島湾近海にて水産業へのIT利活用推進に取り組まれています。松島湾周辺海域で牡蠣養殖と海苔養殖を対象にスタートした活動が宮城から東北へ、東北から全国へと広がりをみせています。今回、「水産×IT」で水産業活性化!と題し、三嶋社長に松島湾での取り組みをご紹介いただき、横須賀での「水産×IT」の可能性を見出していきます。
26772578_1679642498755192_1503799566_o

■日時:1月25日(木)18時30分〜21時(開場18時)

■場所:16Startups(神奈川県横須賀市小川町19-5 富士ビル3階)
https://16startups.com/

■タイムスケジュール
18時30分〜19時15分
基調講演:「水産×IT」で水産業活性化!〜宮城県松島湾での挑戦〜

19時15分〜19時45分
パネルディスカッション:横須賀の水産業の未来
パネラー:アンデックス株式会社 代表取締役 三嶋 順氏、石巻市6次産業化プランナー 森 優真氏、ヨコスカバレーボードメンバー・タイムカプセル株式会社 代表取締役 相澤謙一郎

19時45分〜20時30分
ネットワーキングパーティ(参加費1,000円)
※基調講演、パネルディスカッションだけのご参加も可能です。

■参加費
無料(ネットワーキングパーティは1,000円)

26772602_1679642435421865_419411656_o■講師
アンデックス株式会社 代表取締役 三嶋 順氏

<略歴>
宮城県仙台市出身。
東北高校硬式野球部時代にハマの大魔神・佐々木主浩投手、元阪神タイガース葛西稔投手、メジャーリーガー斎藤隆投手と共に国体出場1回、全国高校野球選手権大会出場3回。卒業後は大手食品メーカー、水産商社を経て、平成20年11月にアンデックス株式会社を設立、主にコンピュータシステム開発、モバイルアプリケーション開発を行う。「水産×IT」でITによる日本の水産業活性化を目指し活動している。
会社ホームページ:https://www.and-ex.co.jp/

■申込方法
【氏名、住所、年齢、企業名、メールアドレス】を記載の上、info@timecapsuleinc.org宛にメールにてお申し込みください。折り返しご連絡させていただきます。

■司会進行
ヨコスカバレーボードメンバー・タイムカプセル株式会社 代表取締役 相澤謙一郎

■主催
ヨコスカバレー構想実現委員(横須賀市IoT推進ラボ)
yokosuka-city-iot

2017年の振り返りと2018年の抱負

タイムカプセルは本日から仕事始めとなります。毎年恒例ですが、スマホで写真年賀状で作った年賀状でまずは新年の挨拶をさせてください。
年賀状2018

2017年は「これが本厄か!」と思い知らされるスタートでした。己の力量不足から予見できなかったいくつかの問題が発生しましたが、社員の皆さんの努力とお取引先様のご協力のおかげで乗り切ることができました。

年度末の納品が完了し、ホッとする間もなく痛風が両足交互に再発するという生き地獄にどっぷり浸からせていただきました。厄年です。夏前ぐらいから処方されたフェブリクが今のところ効果的でして、水分不足が懸念される夏以降も痛風発作とは無縁の人間らしい日々を取り戻すことができました。痛風は適切な尿酸値コントロールが必須です。早めに決断すべきでした。2018年はスポーツテック企業の代表として強い心身を取り戻すため、トレーニングを再開します。なんとかハンドボールができるぐらいまで体力を戻したいと思っています。

事業では、子供の頃からの愛読書である選手名鑑のアプリ化を実現することができました。特にこだわったのは、関連のある選手を表示するレコメンド機能。同じ高校の選手、同級生を中心にレコメンドする機能を実装し、野球中継や一般のWEBサイトではなかなか知ることのできない選手と選手の関係を可視化し、より深く選手の情報をユーザーの皆様にお伝えすることができました。今年はレコメンド機能にAIを活用する予定です。
■タイムカプセル株式会社は、株式会社エス・アイ・ジェイと「2017 プロ野球プレイヤーズファイル・アプリ」を共同開発いたしました。
http://timecapsuleinc.org/2017/06/03/playersfile_2017/
baseball_sisaku


またIoT関連アプリ、ロボット開発にも挑戦をはじめた1年でした。IoT関連アプリは「CEATEC JAPAN 2017」で発表し大きな反響をいただきました。ロボットは秋に完成予定です。
■当社代表、相澤謙一郎がCEATEC JAPAN 2017で開催される「地方版IoT推進ラボ選定地域プレゼンテーション」に登壇いたします。
http://timecapsuleinc.org/2017/10/04/ceatecjapan2017/

人材育成事業においては、北海道、青森、宮城、千葉、東京、神奈川、静岡、岐阜、新潟で講義や講演の機会をいただきました。まだまだ活動できていない地域がほとんどですので、2018年は活動の範囲を広げていきたいです。今までほとんど事業を展開していなかった東京でも挑戦をスタートする予定です。
DS

一周年を迎えたイチロクも順調に会員様が増加し、横須賀スタートアップの拠点になりつつありますが、2018年はハード面も強化し会員様の満足度向上に取り組み、ヨコスカバレーとの連携も深め、横須賀スタートアップの聖地となれるよう全力を尽くします。
イチロク

2018年は、引き続き「地域活性化」を最重要ミッションに据えてアプリ開発とIT人材育成事業に人力してまいります。アプリ開発は既に取り組んでいるAI、IoT、ロボット関連アプリを続々とリリースしてまいります。

IT人材育成事業は、プログラミングだけでなく、フィールドワーク、アイデアソン(ハッカソン)、ものづくり、一次生産者の皆さまとのコラボレーションなども絡めて、掛け算式教育を深化させていきます。また昨年はクラウドファンディングにも挑戦をはじめました。IT人材育成事業とクラウドファンディングを掛け合わせ、地域に産業と雇用を生み出すことで地域活性化に貢献してまいります。2018年も全力疾走で日本全国を駆け巡ってまいりますので、各地の皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。
浦賀の日出

ヨコスカバレー起フェスユニットがよこすか産業まつりに出展

よこすか産業まつり2017

ヨコスカバレー起フェスユニットがよこすか産業まつりに出展します。ブース番号89、90の【こども起業体験 in Yokosuka】にて中高生がおでんとお汁粉を販売します!週末は三笠公園へ!

■よこすか産業まつり
http://www.cocoyoko.net/event/sanma-fes.html

■こども起業体験 in Yokosuka
http://www.yokosuka-valley.com/blog/in-yokosuka
20799163_1968639483420131_5682098325098956937_n

当社代表、相澤謙一郎がCEATEC JAPAN 2017で開催される「地方版IoT推進ラボ選定地域プレゼンテーション」に登壇いたします。

横須賀市IoT推進ラボ

タイムカプセル株式会社(支社所在地:神奈川県横須賀市、代表:相澤謙一郎)代表の相澤謙一郎がCEATEC JAPAN 2017で開催される「地方版IoT推進ラボ選定地域プレゼンテーション」に登壇いたします。

10月3日〜6日に、幕張メッセで開催されるIoT関連の国内最大展示会「CEATEC JAPAN 2017」において、地方版IoT推進ラボ選定地域が出展及びプレゼンテーションを行います。

横須賀市IoT推進ラボプレゼンテーション
○日  時:10月6日(金)14:30〜14:50
○場  所:幕張メッセ (ホール4)地方版IoT推進ラボ合同ブース内オープンステージ
○内  容:「IoTで横須賀を元気に!〜ヨコスカバレーの挑戦〜」
○横須賀市IoT推進ラボ:https://iotlab.jp/local/yokosuka-city-iot170515-003/

【プレゼン日程決定】CEATEC JAPAN 2017で地方版IoT推進ラボ選定地域が取組・成果を紹介します!
https://iotlab.jp/local/office-iot-4/
相澤謙一郎

「こども起業体験in Yokosuka」がタウンニュースの記事になりました!

33

ヨコスカバレーが主催する「こども起業体験in Yokosuka」の取り組みがタウンニュースの記事になりました。明日は産業交流プラザで説明会も開催されます。ぜひご参加ください!学生向けの無料プログラミングスクール「ヨコスカプログラミングスクール」も9/10(日)開講です!

■ヨコスカバレー起業体験事業 中高生が経営者に
http://www.townnews.co.jp/0501/2017/09/08/397922.html

■こども起業体験in Yokosuka
https://faavo.jp/kanagawa/project/2234
21034521_1761708357461600_7403995833420939578_n

「こども起業体験 in Yokosuka」の説明会開催!

20799163_1968639483420131_5682098325098956937_n

ヨコスカバレーからのお知らせです。10月より予定されている「こども起業体験 in Yokosuka」の説明会が開催されます。皆さまのご参加お待ちしております!

<説明会日程>
9/5(火)16:00〜18:00
9/6(水)16:00〜18:00
9/9(土)13:00〜15:00
URL:http://www.yokosuka-valley.com/blog/in-yokosuka

10月より予定されている「こども起業体験 in Yokosuka」
https://faavo.jp/kanagawa/project/2234

11月に横須賀で開催される産業まつりを舞台に、中高生を対象に「起業」の体験が提供されます。

企業を擬似的に立ち上げるところから始まり、何を売るのか、いくらで売るのかなど、すべてを参加者たちが自分の頭で考えて判断し、販売する。

色々な仲間と一緒に何かして見たいとか、起業に興味がある人には特にオススメのこの企画。

しかしいきなり、参加すると言うのもハードルが高いと言うことで、まずは興味がある中高生及び先生等の皆様への説明会を開催いたします。

ちょっと興味あるけど不安がある実際何をするのか詳しく知りたい

そんな中高生の皆さま、話を聞くだけでも大丈夫ですので、ぜひお気軽にご参加ください!

<説明会日程>
9/5(火)16:00〜18:00
9/6(水)16:00〜18:00
9/9(土)13:00〜15:00

※それぞれの時間内にて、30分程度区切りで実施。
※時間の途中参加・途中退室可能。

<場所>
横須賀産業プラザ

<参加申し込み>
以下のフォームより必要事項を記入の上送信ください。
https://goo.gl/forms/k0cwXLMT8fUzMGFr2

21034521_1761708357461600_7403995833420939578_n

大人気のワークショップ「3DSでプログラミングに挑戦!」を横須賀で開催

3DS

函館、気仙沼、品川で開催し、大人気だったワークショップ「3DSでプログラミングに挑戦!」を横須賀で開催いたします。

ゲーム機の3DSがプログラミングマシンに早変わりします。言い方をかえると、受動型の体験から発信型への体験にかわります。インターネット社会では無限の情報がシャワーのように降り注いできます。必要とする情報を選別する能力はもちろんのこと、情報発信能力が問われる時代になっています。インターネットによって情報発信の手段が格段に豊富になり、低コストになったからです。

私自身は小学生からプログラミングをガリガリ書くことは推奨していませんが、ゲームの成り立ちや理屈を知ることは将来的にプラスになると思っています。お馴染みの3DSでプログラミングが体験できるワークショップに参加いただき、受動から発信への変化を体感いただきたいです!

■日時
2017年8月27日(日)10:00-12:00(開場9:45)

■場所
神奈川県横須賀市小川町19-5 富士ビル3階(16 Startups)
http://www.16startups.com/

■対象
小学生(低学年の方は保護者の方も同席ください。)

■持ち物
ニンテンドー3DS(または3DS LL)

■参加費
1,000円(「プチコン3号」購入費用)
ニンテンドー3DSで入門者向けのプログラム言語「BASIC(ベーシック)」を使用したプログラムを作成するためのソフトウェア「プチコン3号」購入費用となります。購入後はお持ちの3DSで引き続きプログラムを作成することができます。当日会場にてニンテンドープリペイド番号と引き換えで受領いたします。
http://smilebasic.com/buynow/

■募集人数
10名程度(定員を超える場合は抽選となる場合がございます)

■主催
ヨコスカバレー構想プログラミング研修ユニット
http://www.yokosuka-valley.com/

■講師
相澤謙一郎(横須賀市走水出身)
ヨコスカバレーボードメンバー、タイムカプセル株式会社代表取締役。300本以上のスマホアプリの開発にたずさわり、累計のアプリダウンロード数は1,000万を超える。初期のヒット作『ちゃぶ台返し』のほか、『あべぴょん』、『横浜F・マリノスコレクションカード』などが好評を博す。共著「これからの自治体産業政策−都市が育む人材と仕事−」
http://aizawa.livedoor.biz/

■申し込み
下記を記載の上、メール(info@timecapsuleinc.org)にてお申し込みください。
氏名:
年齢:
連絡先(保護者の方の携帯電話):
DS

(品川区でのワークショップの様子)

ヨコスカプログラミングスクール第3期募集開始

ヨコスカプログラミングスクール

ヨコスカバレー(プログラミング研修ユニット)は、横須賀の将来を担うIT人材を育成するため、学生向けの無料プログラミングスクールを開講いたします。プログラミングや、アプリ開発に興味のある学生の皆さま、ヨコスカバレーのメンバーと一緒に熱く楽しくプログラミングを学びましょう!

■目標
全6回の講座を通じて、独自のスマートフォンアプリをプログラミングできるスキルを習得し、オリジナルアプリの完成をめざそう!

■対象
横須賀市にお住いの学生(中学生、高校生、専門学生、大学生、高専に通う学生)
全6回の講座に参加できる方

■持ち物
MacBook(お持ちでない方は無償でレンタル可能)、筆記用具

■受講料
無料

■会場
神奈川県横須賀市小川町19-5 富士ビル3階(16 Startups)
http://www.16startups.com/

■募集人数
10名程度(定員を超える場合は抽選となる場合がございます)

■主催
ヨコスカバレー構想プログラミング研修ユニット
http://www.yokosuka-valley.com/

■講師
相澤謙一郎(横須賀市走水出身)
ヨコスカバレーボードメンバー、タイムカプセル株式会社代表取締役。300本以上のスマホアプリの開発にたずさわり、累計のアプリダウンロード数は1,000万を超える。初期のヒット作『ちゃぶ台返し』のほか、『あべぴょん』、『横浜F・マリノスコレクションカード』などが好評を博す。共著「これからの自治体産業政策−都市が育む人材と仕事−」
http://aizawa.livedoor.biz/

■スケジュール及び講義内容
2017年9月より開講

第1回:9/10(日)
・スマートフォンアプリの世界 ・デジタルクロックアプリの開発

第2回:10/8(日)
・楽器アプリの開発 ・タップ機能を使ったゲームアプリの開発

第3回:10/29(日)
・スマートフォンアプリのビジネスモデル
・アニメーションを使ったアプリの開発

第4回:12/10(日)
・カメラアプリの開発 ・アプリ画面の作り方

第5回:1/14(日)
・診断アプリの開発 ・スマートフォンアプリの企画方法

第6回:2/4(日)
・オリジナルアプリの開発 ・成果発表会

■タイムスケジュール
開場:9時30分
講義:10時から17時(1時間ほどお昼休みがございます。)

■その他
受講生は受講期間中、ヨコスカバレー参画企業からプログラミング学習のサポートや、インターンシッププログラムによる職場体験などに参加することができます。

■申し込み
下記を記載の上、メール(info@timecapsuleinc.org)にてお申し込みください。
氏名:
年齢:
連絡先(保護者の方の携帯電話):

■問い合わせ
ヨコスカバレー構想プログラミング研修ユニット(担当:相澤謙一郎)
ken@timecapsuleinc.org
ヨコスカプログラミングスクール

プログラミングワークショップ「3DSでプログラミングに挑戦!」を開催いたします。

DS

ヨコスカバレー(プログラミング研修ユニット)は、横須賀の将来を担うIT人材を育成するため、小学生向けのプログラミングワークショップ「3DSでプログラミングに挑戦!」を開催いたします。

■概要
3DSを使ったプログラミングスクールです。あのお馴染みの3DSがプログラミングマシンに早変わり!「プチコン」を使って、3DSで楽しく、そして本格的なプログラミングを学びましょう。

■日時
2017年8月27日(日)10:00-12:00(開場9:45)

■場所
神奈川県横須賀市小川町19-5 富士ビル3階(16 Startups)
http://www.16startups.com/

■対象
小学生(低学年の方は保護者の方も同席ください。)

■持ち物
ニンテンドー3DS(または3DS LL)

■参加費
1,000円(「プチコン3号」購入費用)
ニンテンドー3DSで入門者向けのプログラム言語「BASIC(ベーシック)」を使用したプログラムを作成するためのソフトウェア「プチコン3号」購入費用となります。購入後はお持ちの3DSで引き続きプログラムを作成することができます。当日会場にてニンテンドープリペイド番号と引き換えで受領いたします。
http://smilebasic.com/buynow/

■募集人数
10名程度(定員を超える場合は抽選となる場合がございます)

■主催
ヨコスカバレー構想プログラミング研修ユニット
http://www.yokosuka-valley.com/

■講師
相澤謙一郎(横須賀市走水出身)
ヨコスカバレーボードメンバー、タイムカプセル株式会社代表取締役。300本以上のスマホアプリの開発にたずさわり、累計のアプリダウンロード数は1,000万を超える。初期のヒット作『ちゃぶ台返し』のほか、『あべぴょん』、『横浜F・マリノスコレクションカード』などが好評を博す。共著「これからの自治体産業政策−都市が育む人材と仕事−」
http://aizawa.livedoor.biz/

■申し込み
下記を記載の上、メール(info@timecapsuleinc.org)にてお申し込みください。
氏名:
年齢:
連絡先(保護者の方の携帯電話):

■問い合わせ
ヨコスカバレー構想プログラミング研修ユニット(担当:相澤謙一郎)
info@timecapsuleinc.org
yokosuka-valley

千葉大学教育学部藤川研究室×ヨコスカバレー

本日、千葉大学教育学部藤川研究室の皆さまとヨコスカバレー有志のメンバーによるアイデア出しワークショップにてファシリテーターを担当させていただきました。

学生の皆さんからは、インバウンド向けのナイトクルーズ、若者向けゲストハウス、プロジェクションマッピングを使ったエンタメ事業など様々なアイデアをいただきました。藤川先生、千葉大学の皆さま、ありがとうございました!千葉と横須賀、遠く離れているようで、横須賀線や東京湾フェリーでつながっています。またのお越しをお待ちしております。

■千葉大学
http://www.chiba-u.ac.jp/
FullSizeRender_1

FullSizeRender_2

FullSizeRender

IMG_6076


ビジネスエコシステムにタイムカプセルが参画するヨコスカバレーの取り組みが紹介されました。

2017年3月23日(木)のビジネスエコシステムにて、タイムカプセルが参画するヨコスカバレーの取り組みが紹介されました。

■ICT産業誘致で新たな成長を目指す「ヨコスカバレー」構想の狙い
官民連携の原動力となった人口流出の危機感と地元愛
https://businessecosystem.unisys.co.jp/yokosuka-valley/

「YRPでは世界最先端の研究が行われています。IoTやVR(仮想現実)、AR(拡張現実)などに取り組むベンチャー企業や既存のICT企業にとって、大きなチャンスがある場所だと思います」こコメントさせていただきました。さらにつけ加えると、水産業や農業などの一次生産者の方々、一大観光地とも近い横須賀であれば、実証実験のフィールドとしても最適です。

来季はIoT、AIに果敢に挑戦してまいります!
24

イチロクカンファレンス#3 気仙沼×横須賀・意見交換会「ITで地域活性化に挑戦!」

20140224_0008

世界に挑むワークプレイス「16(イチロク)Startups」では、登壇者と参加者が熱く語り合うトークセッション型セミナー「イチロクカンファレンス」を毎月開催いたします。

第3回は、気仙沼市の皆さまをお招きして「ITで地域活性化に挑戦!」をテーマに意見交換会を開催いたします。

横須賀市も気仙沼市も海の資源に恵まれたところです。一方で人工転出などの課題もあり、新しい成長産業が求められています。そこで、「ITで地域活性化に挑戦!」と題し、横須賀市と気仙沼市の状況を理解し、どうやって活性化を実現するか、熱く語り合いたいと思います。

■日時
2017年3月22日 19:30 - 21:00

■場所
16Startups(神奈川県横須賀市小川町19-5 富士ビル3階)

■テーマ
・気仙沼市について
・横須賀市について
ヨコスカバレーの取り組みについて
・意見交換会
意見交換会終了後、懇親会を開催いたします。奮ってご参加ください!(意見交換会は無料、懇親会は割り勘)

■申し込み
https://www.facebook.com/events/242346206235378/

ヨコスカプログラミングスクールDAY2

今日はヨコスカバレー主催、学生向け無料プログラミングスクール「ヨコスカプログラミングスクール」のDAY2!今日も横須賀の中高生の皆さんとスライドショーアプリやゲームアプリを開発してまいります。横須賀の若者とITで横須賀を元気に!ヨコスカバレーは挑戦してまいります。
ヨコスカプログラミングスクール

ヨコスカプログラミングスクール

■ヨコスカバレー
http://www.yokosuka-valley.com/

ヨコスカバレー構想実現委員会主催・横浜F・マリノス協力による スマートフォンアプリプログラミング教室(アイデアソン)の講師を担当いたします。

2016_banner_large_2

タイムカプセル株式会社(支社所在地:神奈川県横須賀市、代表:相澤謙一郎、以下タイムカプセル)は、ヨコスカバレー構想実現委員会主催、Jリーグ 横浜F・マリノス協力による「スポーツ×IT」をテーマにした学生向けスマートフォンアプリプログラミング教室(アイデアソン)にて、講座カリキュラムの策定、及び、講師を務めます。

普段入ることができないF・マリノスのオフィス会議室にて、1日でスマートフォンアプリ開発の基礎を学び、F・マリノスをテーマにしたアプリの企画を、小学生〜高校生までの幅広い年齢の参加者の皆さんと一緒に考えます。プログラミング経験ゼロでも問題ありません。

参加いただく皆さん全員に、横浜F・マリノス主催のJリーグ観戦チケット(10月22日(土)G大阪戦@日産スタジアム)がプレゼントされます。試合観戦でひらめいたアイディアをアプリ企画に活かしていただきます。

F・マリノスに触れる機会とプログラミング教室(アイデアソン)を同時に実施することで、参加者の皆様にF・マリノスをより深く知っていただくとともに、ホームタウンを盛り上げる新しい形の取り組みとなります。ぜひご参加ください。

■開催概要:
◎アプリプログラミング講座(アイデアソン)
・開催日時:11/5(土)10時〜17時(受付開始:9時30分)
・応募期間:本日より規定人数に達するまで
・主催:ヨコスカバレー構想実現委員会
・後援:横須賀市
・協力:横浜F・マリノス
・講師およびカリキュラム作成:タイムカプセル
・参加費用:無料
・募集人数:先着20名
・対象:小学5年生〜高校3年生
・参加特典:10月22日(土)横浜F・マリノスvsガンバ大阪(日産スタジアム) 観戦チケット(小中学生自由席1枚+大人自由席1枚 もしくは 大人自由席2枚)
・開催場所:横浜マリノス株式会社 会議室(神奈川県横浜市港北区新横浜 2-6-3 DSM 新横浜ビル 4F)
・開催内容:1日でスマートフォンアプリ開発の基礎を学び、プログラミングの楽しさを体感いただきます。プログラミング経験ゼロでも問題ありません。また、PCについても用意いたしますので、ご持参いただく必要はございません。

■申し込み:http://timecapsuleinc.org/marinos_programming_school/

※定員に達した場合、抽選になる可能性がございます。
※ご応募いただいた方に、詳細内容を個別でご連絡いたします。


【会社概要】
商号:タイムカプセル株式会社
所在地:横浜市中区野毛2-1-2河本ビル3F
横須賀市汐入町1-24-4
岐阜県岐阜市神田町6-7-2 こがねビル4F
仙台市若林区卸町2-9-1INTILAQ2F
Tel:058-214-9760(代表) Fax:058-214-9761
代表者:相澤謙一郎
事業内容:アプリ開発支援プラットフォーム『タイムカプセルソリューション』
URL:http://timecapsuleinc.org/

国総研・港空研とコラボしたハッカソンにてファシリテーターを担当いたします。

世界最大の津波を起こすことのできる施設や、造波装置、干潟実験施設、水中ロボット水槽など横須賀が世界に誇る研究施設、国総研・港空研とコラボしたハッカソンを開催いたします!
http://timecapsuleinc.org/2016/07/09/nilimpari/

当日は、国総研・港空研の研究施設も見学することができます。横須賀に世界に誇る研究施設があることを皆さんに知っていただき、国総研・港空研とコラボして、世界を驚かせるようなアプリやサービスを一緒につくりましょう!

「美しく安全で活力ある国土の実現」をめざす、国土技術政策総合研究所(国総研)と、「世界に貢献する技術の発展」をめざす、港湾空港技術研究所(港空研)2つの研究所とヨコスカバレーがコラボしたハッカソンを開催いたします。普段見る事のできない研究施設を体験し、学びながら、横須賀の魅力も見つけてみませんか?

テーマ:「研究の凄さを、より楽しく、もっと多くの人に伝えよう」

【主 催】
ヨコスカバレー構想実現委員会
http://www.yokosuka-valley.com/

【日 時】
1日目:平成28年7月23日(土)10時から16時(国総研、港空研 夏の一般開放日)
会 場:国土技術政策総合研究所、港湾空港技術研究所(横須賀市長瀬3-1-1)

2日目:平成28年7月30日(土)10時から17時
会 場:横須賀市産業交流プラザ(横須賀市本町3-27ベイスクエアよこすか一番館3階)
(2日間に渡って開催します、会場が異なりますのでご注意ください。)

【参加料】
無 料(定員30名)

【持ち物】
筆記用具、ノートPC等、制作・開発に必要な端末

【表 彰】
入賞者には、賞品が贈呈されます。

【申込方法】
メールにて必要事項(氏名、住所、年齢、電話番号、メールアドレス、イベントタイトル)を記載の上、主催者事務局:公益財団法人 横須賀市産業振興財団(plaza4@olive.ocn.ne.jp) までお申し込みください。

1-5-8-5-158579

写真で振り返るYOKOS会議2016

大盛況となったYOKOS会議2016。
横須賀の若者たちの発表に感動!横須賀の未来は明るい!彼らが活躍できる「場」を作らなければと痛感した1日でした。
アイスブレイク

吉田市長

竹岡さん

八村さん

土屋さん

パネル

YOKOS会議2016


■ICT集積型の新しい地方創生のモデルを作れるか?1周年のヨコスカバレーの熱気を見せた「YOKOS会議2016」
http://ascii.jp/elem/000/001/183/1183991/
[2016年6月28日(火) ASCII.jp]

横須賀で無料プログラミングスクール「ヨコスカプログラミングスクール」開校

banner_yokosuka-3

横須賀で無料プログラミングスクール「ヨコスカプログラミングスクール」が開校します!!「誰でも平等にプログラミングを学ぶことができる環境を横須賀につくりたい」という思いが実現できました。

まずは学生向けとなりますが、徐々に受講生の幅もひろげていきたいと思っています。プログラムに挑戦したい中学生、高校生、大学生、専門学生、高専生、ぜひ一緒に横須賀を盛り上げるアプリを作りましょう!

■ヨコスカプログラミングスクール
http://timecapsuleinc.org/yokosukavalley-school/2016/05/27/programmingschool/

■学生向けの無料プログラミングスクール「ヨコスカプログラミングスクール」の講師を担当いたします。
http://timecapsuleinc.org/2016/05/27/yps/

東京から1時間の人口流出都市、横須賀の憂鬱と希望

ASCII.jpさんに「東京から1時間の人口流出都市、横須賀の憂鬱と希望」と題して、5回に渡り、横須賀市の取り組み、ヨコスカバレーの取り組み、タイムカプセル谷戸オフィスの取り組み、ヨコスカテラスの取り組みを記事にしていただきました。ほとんどの取材に参加させていただきましたが、座談会形式で行われた取材を大谷さんにしっかりまとめていただきました。かなりぶっきらぼうな表現が多いですが、率直な思いということで、大目に見ていただければ幸いです!今後も横須賀の魅力、文化を全力で発信していきたいと思います!

■第1回:吉田雄人市長に聞いた「横須賀で今なにが起こっているのか?」
http://ascii.jp/elem/000/001/159/1159593/

■第2回:横須賀再生に賭けるタイムカプセル相澤さんと谷戸を歩く
http://ascii.jp/elem/000/001/159/1159601/

■第3回:ヤンキーだらけは本当か?地元出身者が横須賀の今を語る
http://ascii.jp/elem/000/001/163/1163211/

■第4回:地元ブランド「ヨコスカネイビーパーカー」を生んだコワーキングスペース
http://ascii.jp/elem/000/001/159/1159611/

■第5回:市長も飛び入り!ヨコスカバレーのメンバーが中央酒場で熱く語る
http://ascii.jp/elem/000/001/159/1159695/

横須賀総合高等学校にてiPhoneアプリ開発講義を開催致しました。

横須賀総合高校

タイムカプセル株式会社(所在地:神奈川県横須賀市、代表:相澤謙一郎、以下タイムカプセル)は、横須賀総合高等学校にて開催されたヨコスカバレー構想実現委員会主催のプログラミング講座にて講師を務めました。

■講義概要
1.日時
平成28年3月15日(火)14時〜17時

2.場 所
横須賀総合高等学校

3.内 容
「デジタル時計アプリをつくろう」
1日でスマートフォンアプリ開発の基礎を学び、プログラミングの楽しさを体感いただきます。プログラミング経験ゼロでも問題ありません。また、PCについても用意いたしますので、ご持参いただく必要はございません。

4.参加者
横須賀総合高等学校の生徒の皆さま

今後もタイムカプセルはアプリ開発教育を通じて、地域貢献、人材育成に尽力してまいります。

■ヨコスカバレー構想実現委員会
http://www.yokosuka-valley.com

横須賀カレーハッカソンに協賛

よこすか海軍カレー(本舗)
タイムカプセル株式会社(所在地:神奈川県横須賀市、代表:相澤謙一郎、以下タイムカプセル)は、「横須賀カレーハッカソン」に協賛し、学生の方(学生証提示)に、もれなく海軍カレー弁当を提供いたします。

タイムカプセルは、未来をになう地域人材を育成することが、地域の継続的な活性化につながるという考えに基づき、プログラミング講座を通じて地域人材の育成に尽力してまいりました。このたび、「横須賀カレーハッカソン」に多くの学生が参加いただきやすい環境をつくるため、学生の方(学生証提示)にもれなく海軍カレー弁当を提供させていただきます。今後もタイムカプセルはプログラミング教育を通じて、地域貢献、人材育成に尽力してまいります。

※お申し込みは「横須賀カレーハッカソン」公式サイトよりお願いいたします。

■横須賀カレーハッカソンについて
横須賀名物「よこすか海軍カレー」にちなんで、カレーという国民食をテーマにしたハッカソンを開催いたします。ご当地カレーナンバー1の「よこすか海軍カレー」を通じて、横須賀の歴史・文化に触れて、横須賀の魅力を見つけてみよう!

■テーマ
「カレー×ハッカソンで横須賀の歴史・文化を知ろう!ひろめよう!」

■開催日
平成28年1月23日(土)10時〜17時・1月24日(日)10時〜18時

■公式サイト
http://timecapsuleinc.org/curryhackathon/

■参加料
無料

■会場
ヴェルクよこすか
横須賀市日の出町1丁目5番地
http://www.werk-yokosuka.jp/access/

■主催
ヨコスカバレー構想実現委員会
http://www.yokosuka-valley.com
「横須賀カレーハッカソン」は、カマコンバレー(鎌倉)・Code for YOKOHAMA(横浜)・ヨコスカバレー(横須賀)のテック系3団体が協力して地域を盛り上げるためのサービスやアプリなどを開発する横浜・横須賀・鎌倉3市連携ハッカソンの横須賀市大会です。
半島をハックせよ

■協力
カレーの街よこすか事業者部会

【会社概要】
商号:タイムカプセル株式会社
所在地:〒238-0042 横須賀市汐入町1-24-4
〒500-8833 岐阜県岐阜市神田町6-7-2 こがねビル4F
Tel:058-214-9760(代表) Fax:058-214-9761
代表者:相澤謙一郎
事業内容:スマートフォンアプリ開発事業、Eコマース事業、人材育成事業
URL:http://timecapsuleinc.org/

横須賀カレーハッカソン

よこすか海軍カレー(本舗)

横須賀名物「よこすか海軍カレー」にちなんで、カレーという国民食をテーマにしたハッカソンを開催いたします。ご当地カレーナンバー1の「よこすか海軍カレー」を通じて、横須賀の歴史・文化に触れて、横須賀の魅力を見つけてみよう!

■「横須賀カレーハッカソン」概要
公式サイト
http://timecapsuleinc.org/curryhackathon/

■テーマ
「カレー×ハッカソンで横須賀の歴史・文化を知ろう!ひろめよう!」

■開催日
平成28年1月23日(土)10時〜17時・1月24日(日)10時〜18時

■タイムテーブル
1月23日(土)
9時45分開場
10時〜10時30分:よこすか海軍カレーインプットプチセミナー
10時30分〜11時30分:横須賀フィールドワーク(よこすかポートマーケット〜三笠公園〜記念艦三笠を予定)
11時30分〜13時:よこすか海軍カレーランチタイム(よこすか海軍カレーガイドマップをプレゼントいたします)
13時〜15時30分:アイデアソン
15時30分〜16時:アプリ開発ミニセミナー「スマートフォンアプリのビジネスモデル」
16時〜17時:発表会

1月24日(日)
9時45分開場
10時〜10時30分:アプリ開発ミニセミナー「アプリのユーザーインターフェースとモックの簡単な作り方」
10時30分〜:ハッカソン開始
10時30分〜11時30分:希望される方と横須賀フィールドワーク(横須賀の谷戸〜ドブ板〜ヴェルニー公園を予定)
11時30分〜13時:よこすか海軍カレーランチタイム(よこすか海軍カレーガイドマップをプレゼントいたします)
14時から17時:ハッカソン(※2)
17時〜18時:発表会
18時〜:懇親会(有志の方。会費制)

■参加料
無料

■会場
ヴェルクよこすか
横須賀市日の出町1丁目5番地
http://www.werk-yokosuka.jp/access/

■ミニセミナー講師・司会進行
ヨコスカバレー構想実現委員会ボードメンバー・タイムカプセル株式会社代表取締役
相澤謙一郎

■持ち物
・筆記用具
・パソコンを使ってデザイン、プログラミングをされる方はノートパソコンを持参ください

■その他
よこすか海軍カレーガイドマップを配布しますので、お好きなカレーをお食べください。(昼食代は各自ご負担ください。)
http://kaigun-curry.net/wp-content/uploads/2015/03/guidemap.pdf
※1
アイデアソンとは:同じテーマについて皆で集中的にアイデアを出し合うことにより、これまで得られなかった新たな発想を創出しようとする取り組み。

※2
ハッカソンとは:“ハック”(hack)とマラソン(marathon)を組み合わせた米IT業界発祥の造語。プログラマーやデザイナーから成る複数の参加チームが、マラソンのように、数時間から数日間の与えられた時間の中で企画・デザイン・プログラミングに没頭し、アイデアや成果を競い合う開発イベント。

■主催
ヨコスカバレー構想実現委員会
http://www.yokosuka-valley.com
「横須賀カレーハッカソン」は、カマコンバレー(鎌倉)・Code for YOKOHAMA(横浜)・ヨコスカバレー(横須賀)のテック系3団体が協力して地域を盛り上げるためのサービスやアプリなどを開発する横浜・横須賀・鎌倉3市連携ハッカソンの横須賀市大会です。

■協力
カレーの街よこすか事業者部会

■お申し込み
http://salon-yrp.net/form/mail.cgi?id=yokosukavalleyh
※「city.yokosuka.kanagawa.jp 」のドメイン、または「ip-ec@city.yokosuka.kanagawa.jp 」のメールアドレスからメール受信ができるように設定してください。
※横須賀カレーハッカソンの成果物は、カレーの街よこすか事業者部会に帰属いたします。

湘南学院高等学校にてiPhoneアプリ開発講義を開催致しました。

タイムカプセル株式会社(所在地:岐阜県岐阜市、代表:相澤謙一郎、以下タイムカプセル)は、湘南学院高等学校にて開催されたヨコスカバレー構想実現委員会主催のプログラミング講座にて講師を務めました。

■講義概要
1.日時
平成27年12月12日(土)13時30分〜16時30分
平成27年12月19日(水)13時30分〜16時30分

2.場 所
湘南学院高等学校

3.内 容
「タッチゲームアプリをつくろう」
初日は、時計アプリをの開発を通じて、プログラムの基礎とアプリ開発の過程を習得いただきました。二日目は、タイムカプセルが開発したタッチ機能を使ったゲームアプリを土台として、湘南学院高等学校の生徒の皆さんにプログラムの改変に挑戦いただきました。

4.参加者
湘南学院高等学校の生徒の皆さま
湘南学院

今後もタイムカプセルはアプリ開発教育を通じて、地域貢献、人材育成に尽力してまいります。

■ヨコスカバレー構想実現委員会
http://www.yokosuka-valley.com

J:COMチャンネル「デイリーニュース」にて「YOKOS会議」の様子が放送されました。

2015年9月21日、J:COMチャンネル「デイリーニュース」にて、当社代表相澤謙一郎が登壇したヨコスカバレー・カンファレンス「YOKOS会議」の様子が放送されました。

■J:COMチャンネル「デイリーニュース」
http://www.myjcom.jp/tv/channel/kanto/dn_lineup.html#kanagawa

■ヨコスカバレー・カンファレンス「YOKOS会議」
http://www.yokosuka-valley.com/blog/yokos
04)

24)

タウンニュースさんにヨコスカバレーの活動を紹介いただきました!

タウンニュースさんに「ヨコスカバレー構想実現委員会」の活動を紹介いただきました!

■ヨコスカバレー構想 めざせIT企業集積
http://www.townnews.co.jp/0501/2015/09/11/299221.html

9月以降、「ヨコスカバレー・カンファレンス YOKOS会議」や「1日でOK!高校生のためのゲームアプリ開発講座」などヨコスカバレー主催のイベントが毎月のように開催されますので、多くの方々に参加いただきたいです!

■ヨコスカバレー・カンファレンス YOKOS会議
http://peatix.com/event/105801

■1日でOK!高校生のためのゲームアプリ開発講座
http://www.yokosuka-valley.com/blog/1-ok
banner_yokosuka

月刊相澤謙一郎ブログ
QRコード
QRコード
お知らせ
1.記載されている内容は、株式会社ぱど、ならびにぱど関連会社の考え方ではなく、あくまで相澤謙一郎の個人的見解によるものです。なお相澤謙一郎は2008年6月30日をもって株式会社ぱどを退職しております。

2.コメント、TB(トラックバック)は、基本的に大歓迎です。その際、コメントを頂ければ幸いですが、勿論、コメント無しでも構いません。

3.ただし、記事の内容に関係のない、あるいは不適切なTB(アダルトTB含む)、コメントは予告無く削除させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

4.基本的にリンクフリーですが、ご一報頂ければ幸いです。
メニュー
Twitter Widgets
関連書籍
ブログランキング
にほんブログ村 ベンチャーブログへ
最新コメント
ぱどタウンティッカー
  • ライブドアブログ