相澤謙一郎ブログ「22世紀にのこる ものつくりを志して!」

相澤謙一郎の理念  一、無から有を生みだす。 一、顧客の笑顔=商品の付加価値=利益 一、世のため人のためになる事をする。それ以外はしない。 一、変化を恐れない改革者であり続ける。 一、従業員はもとより、家族、親族、近隣住民を大切にし、彼等から信頼される企業となり、人となる。

横須賀

よこすかのうみ

東京生まれ東京下町育ちの長女の幼稚園の作品「よこすかのうみ」。去年の8月に横須賀に帰郷し、今年の夏も毎週のように横須賀に連れて行ったせいか、横須賀の海を書いてくれた。走水で生まれ育った者として感無量。これほどの喜びなない。今日もお父さんは頑張ります!!
よこすかのうみ

ヨコスカバレー構想実現委員会発足!

バタバタでブログでの報告が遅れましたが、7月1日(水)横須賀市役所にて、ヨコスカバレー構想実現委員会について記者発表させていただきました。詳細は下記を参照ください。
11209494_838026446274673_5716997239624887671_n

■ヨコスカバレー構想実現委員会が発足します(ヨコスカバレー構想実現委員会との共同記者会見)(2015年7月1日)
http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/4402/nagekomi/20150701.html

昨年5月に、ヨコスカバレー構想キックオフセミナーに参加し、速攻で横須賀での開発拠点設立を決め、空き家問題の解決と、人口減少の解決と、ICT産業の育成を実現するため、限界集落とまで言われた横須賀の谷戸地域の空き家で8月に事業をスタートしました。

■横須賀第一アプリ工場(神奈川県横須賀市)設立のお知らせ
http://timecapsuleinc.org/2014/08/04/yokosukafactory/

■横須賀市で限界集落が生まれた理由「日本で最も人口減が進む都市」の実像
http://toyokeizai.net/articles/-/45714

それから約1年。吉田市長や、地元の経営者仲間(諸先輩方には失礼ですが)と議論を続け、先日の記者発表にいたりました。誰にとっても故郷は大事な場所だと思います。小職にとっても心の拠り所で、特に海外でハードに仕事をしている時代に、「どんなことがあろうが、横須賀に戻れば仲間がいる」という思いが支えになったのは確かです。ヨコスカバレー構想を通じて、故郷横須賀を盛り上げると共に、タイムカプセルのミッションである「スマホアプリで地域活性化」を実現してまいります。

ヨコスカバレー構想の活動をご紹介いただきましたメディアの皆さまにも御礼申し上げます。
■神奈川新聞にて当社が参加している「ヨコスカバレー構想」について記事になりました。
http://timecapsuleinc.org/2015/07/02/kanagawa_media/

■毎日新聞にて当社が参加する「ヨコスカバレー構想」について記事になりました。
http://timecapsuleinc.org/2015/07/02/mainichi_media/

■東京新聞にて当社が参加している「ヨコスカバレー構想」について記事になりました。
http://timecapsuleinc.org/2015/07/05/tokyo_media/

■ヨコスカバレー
http://www.yokosuka-valley.com/

横須賀谷戸オフィスのスタッフ拡充につき什器搬入!

横須賀谷戸オフィスのスタッフを大幅に拡充したいので、本日、都内から机×3、椅子×1、ホワイトボード×1、什器×1を搬送。
torakku

気合で一人でトラックに積む込み横須賀へ!軽トラだったことと、荷物が多いので、安全のため下道で行ったところ、スピードが出せないこともあり横須賀まで3時間。。。バイク感覚で考えていたので、イタいタイムロス。
yato

軽トラを谷戸の階段ギリギリまで持っていき、そこからは手動搬送。階段の下に小さく見える軽トラから什器などを谷戸オフィスまで運びましたが、正直、つらかったです。今まで、谷戸オフィスに様々な物資を運んでいただいた皆さんに心の中で感謝の気持ちを反芻しました。

無事、什器の搬入も完了!あとは張飛、関羽級の武将を待つのみ!

本日放送のテレビ神奈川「ありがとッ!」にて横須賀オフィスの取組みが紹介されました。

本日放送のテレビ神奈川「ありがとッ!」の「ニュースなぜ?なに?」にて空き家の活用事例として横須賀オフィスの取組みが紹介されました。

京急汐入駅まで徒歩10分、JR横須賀駅へも徒歩10分。つまり1時間で都内までアクセス可能。110屬撚板6.9万で住居兼。スタートアップにとって最高の環境です。起業するなら横須賀。そんな波がきてます!
TVK

■横須賀第一アプリ工場(神奈川県横須賀市)設立のお知らせ
http://timecapsuleinc.org/2014/08/04/yokosukafactory/

本日の日経新聞「エコノ探偵団」にて横須賀オフィスの取組みが掲載

本日の日経新聞「エコノ探偵団」の「空き家増加 自治体どう対応」というテーマに対して、当社の空き家を活用した横須賀オフィスの取組みを紹介いただきました。来月は空き家を使ったハッカソン「空き家ソン」の開催も計画しております。今後の当社の横須賀オフィスの奮闘にご期待ください!
日経新聞20141125

日経新聞

日経新聞

■横須賀第一アプリ工場(神奈川県横須賀市)設立のお知らせ
http://timecapsuleinc.org/2014/08/04/yokosukafactory/

横須賀市での取組みがタウンニュースの記事になりました!

タイムカプセルの横須賀市での取組みがタウンニュースの記事なりました!谷戸にスタートアップ企業が集積する横須賀の新たな名所、ヨコスカバレー実現に向けて、タイムカプセルソリューションを中核としたアプリ開発事業、「アプリdeブートキャンプin横須賀」をはじめとする人材育成事業に全力を尽くしてまいります。
当社オフィスを見学されたい方は、お気軽にご連絡ください。
タウンニュース


■ヨコスカバレー
http://aizawa.livedoor.biz/archives/52654745.html

■横須賀第一アプリ工場(神奈川県横須賀市)設立のお知らせ
http://timecapsuleinc.org/2014/08/04/yokosukafactory/

■横浜F・マリノス公式アプリ第3弾!!「横須賀市 presents Touch The F・マリノス」リリースのお知らせ
http://timecapsuleinc.org/2014/08/05/touchthefmarinos/

■横須賀市役所で行われた「横須賀市presents Touch The F・マリノス」 記者会見について、神奈川新聞と日本経済新聞にて取り上げられました。
http://timecapsuleinc.org/2014/08/07/touchthefmarinos-media/

■神奈川テレビ「ニュース930α」および「NEWSハーバー」にて、「横須賀市presents Touch The F・マリノス」 記者会見が放送されました。
http://timecapsuleinc.org/2014/08/07/tvk20140806/

■東洋経済ONLINEにて、弊社の横須賀での活動が記載されました。
http://timecapsuleinc.org/2014/08/19/media_touyoukeizai/

横須賀第一アプリ工場(神奈川県横須賀市)設立のお知らせ

タイムカプセル株式会社(所在地:岐阜県大垣市、代表:相澤謙一郎、以下タイムカプセル)は、ヨコスカバレー構想を推進する神奈川県横須賀市に横須賀第一アプリ工場を設立いたしましたのでお知らせいたします。

タイムカプセルは2014年5月より、横須賀市にて「一日集中ゲームアプリ開発講座」を開講するなど、アプリ人材育成事業を通じて、活動を続けてまいりました。この度、「最先端の研究と青い海・豊かな緑が共存するまち横須賀でスタートアップ!」を掲げる「ヨコスカバレー構想」に賛同し、アプリケーション製造工場を設立するに至りました。

参考:
ヨコスカバレー構想 キックオフセミナー
http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/4402/sougyou/0008.html

■概要
名称:横須賀第一アプリ工場

所在地:神奈川県横須賀市汐入町1-24-4

設立年月日:2014年8月4日
横須賀工場

■会社概要
商号:タイムカプセル株式会社
所在地:岐阜県大垣市今宿6-52-16ソフトピアジャパン・ドリームコア214号
代表者:相澤謙一郎
事業内容:アプリ開発支援プラットフォーム『タイムカプセルソリューション』
事業、GIFUアプリデザインセンター事業
URL:http://timecapsuleinc.org/

■お問い合わせ先
タイムカプセル株式会社
岐阜県大垣市今宿6-52-16ソフトピアジャパン・ドリームコア214号
Tel:058−214−9760(代表) Fax:058−214−9761
timecapsuleplus.inc@gmail.com

カマコンバレー

本日は横須賀に出社後、5月28日にカマコンバレーの皆さまに「横須賀リサーチパーク」を視察いただいたのがご縁でカマコンバレーさんの定例会に参加させていただきます。鎌倉は小生が幼少時代を過ごした藤沢のお隣であり、学生時代は横須賀から戸塚からむかう通学路でしたので、毎日にように町並みを見てきたご縁のある町です。また、横須賀駅と鎌倉駅はJRで18分と、すぐ近くの町ですので、これを機会になにか連携したおもしろい企画をスタートできればと考えております。

カマコンバレーの皆さま、どうぞよろしくお願いいたします!
44)

ヨコスカバレー

後日、全貌を公開いたしますがヨコスカバレーなるプロジェクトを立ち上げまして、今年に入ってから横須賀の谷戸を探索しております。連休中は、横須賀駅から東逸見、汐入一丁目、汐入五丁目を中心に探索いたしました。

谷戸を探索していると冒険心を煽られ、もっと険しい道、もっと細い道はないかと、足がどんどん前に進みます。横須賀駅方面から汐入駅を見下ろせる絶壁にたどり着いた時は、足がやや震えました(笑)

横須賀の谷戸の景色を何枚か紹介させていただきます。
横須賀駅近郊の階段

JR横須賀駅から国道16号を渡ると谷戸への入口となる階段が見えてきます。

汐入一丁目_軍港

汐入一丁目

しばらく右へ左へ階段をのぼっていくと、横須賀港を見渡せる丘の上にたどりつくことができます。好奇心のおもむくままに歩いているので、さほど疲れません。住所は逸見から汐入にかわっていました。

谷戸

この地点からの景観は、もはや芸術だと感じるものがありました。人がすれ違うのも難しいと思われる坂道に家々がひしめきあっており、丘の上から見下ろすと屋根が段々畑のようになっているのです。建築に携わった方のご苦労も相当なものであったでしょう。アートです!

東逸見

しばらく歩きますと、汐入からまら逸見に住所がかわり、逸見駅を見下ろす丘にたどりつきました。駅まで一旦くだり、16号方面に向かってから、右手にまた谷戸への入口をみつけ、そこから汐入5丁目を抜けて汐入駅まで歩いていきました。ドブ板に行くと、なつかしいドブ板バザールが開催されていました。大盛況のドブ板バザールの様子と横須賀の町並みを紹介いたします。
ドブ板バザール1
ドブ板バザール2
カキタ
プリンス商会
海軍カレー館
三笠焼

最後に告知です。ヨコスカバレー事業の第一弾は5月17日(土)開催の下記講座となります。横須賀市民の皆さま、ふるってご参加ください!

■2014年5月17日(土)横須賀市にて、一日の受講でiPhoneアプリを完成させる「一日集中ゲームアプリ開発講座」を開催
http://timecapsuleinc.org/2014/04/25/20140517yokosuka/

2010年の黄金週間

2010年の黄金週間は東京の自宅と横須賀の実家で過ごした。横須賀で墓参りの後、中学、高校時代のハンドボール部の友人と飲む。

まずは日が暮れる前にドブ板の「一福」で飲みはじめる。
IMG_0798

IMG_0799

IMG_0801

IMG_0800
横須賀でバンドをやっていた時代、かぼちゃ屋でライブをやる前や打ち上げでよく飲みに来ていた。久しぶりに来たが、何も変わらない。一福の後は「モアイ」に移動。

IMG_0803

IMG_0802
「モアイ」で何杯か飲み、「ウエスタナ」に移動。何杯か飲み、解散しようと思ったが、もう1件行き、解散した。

言うまでもなく翌日は二日酔いだ。

横須賀に帰郷

元旦から横須賀に帰郷。家族や親戚と飲み語る。

翌日は祖父母のお墓参りがてら、生まれ育った走水を訪れる。久しぶりに眺める走水からの富士山は昔とかわらず勇壮で美しい。
走水から眺める富士山


生まれ育った元実家のすぐ隣の走水神社で初詣。誓いをたてる。
走水神社

走水神社境内

故郷で鋭気を養い、また仕事場である東京に帰る。

いつかこの東京湾を眺めながら、昔のようにゆっくり過ごす日が来るのだろうか。今は目の前の目標に向かって、走り続けるしかない。
走水神社から遠く東京湾を臨む

横須賀ネイビーバーガー

我が故郷横須賀の記事を見つけました。横須賀というと原子力空母問題などが取り沙汰されますが、今回も米軍基地がらみ。

[新たな観光名物へ/横須賀でネイビーバーガーを開発]
http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryxiiinov0811403/
ケリー司令官と蒲谷市長の写真が微笑ましい。

以下、横須賀市ホームページより

『1940年代後半、米海軍から横須賀に様々なアメリカ文化が広がっていく中、ハンバーガーは汐入駅近くにあったEMクラブでビッグバンドジャズの演奏とともに供され、日本でこの新しい食べ物を一般市民が初めて味わう機会となりました。そのため、今や日本全国で大人気のハンバーガーは横須賀が発祥の地の一つと言えます。』
ネイビーバーガー

私が子供の頃は閉館されたEMクラブが残っていましたが、何時だったか取り壊されてしまいました。

昨今の報道のイメージで、横須賀人と米軍人の関係が悪いように写るかもしれません。しかし、実際は米軍人(米というより移民系が多いので多国籍軍)は子供の頃からよく見かける近隣住民で、空気のような存在です。

時に事件も発生しますが、日本人が起こす事件より、数量はずっと少ないと思います。

連休に横須賀に帰りますが、ネイビーバーガーもうどこかで食べられるのでしょうか?誰かに聞いてみます。

関連する相澤謙一郎ブログ記事
<相澤謙一郎の起業史 1[19歳 はじめての起業]>
http://aizawa.livedoor.biz/archives/51087939.html

横須賀に帰郷

祖父母の墓参りのため横須賀に帰郷。

小泉純一郎さんも横須賀に帰郷していたらしいです。

小泉純一郎さん長い事おつかれさまでした。

関連する相澤謙一郎ブログ記事
<横須賀人が見た小泉純一郎首相>
http://aizawa.livedoor.biz/archives/30447562.html

東郷ビール

今日は横須賀の野外ライブに出演。数曲を演奏。その後、横須賀の実家に寄る。

東郷ビール@三笠公園野外ライブ会場の三笠公園で東郷ビールなる地ビールを見つけ、一本飲む。無論、"東郷"とはホレーショ・ネルソン、ジョン・ポール・ジョーンズと並ぶ世界三大提督の一人と称される連合艦隊司令官東郷平八郎、その人の事である。続きを読む
月刊相澤謙一郎ブログ
QRコード
QRコード
お知らせ
1.記載されている内容は、株式会社ぱど、ならびにぱど関連会社の考え方ではなく、あくまで相澤謙一郎の個人的見解によるものです。なお相澤謙一郎は2008年6月30日をもって株式会社ぱどを退職しております。

2.コメント、TB(トラックバック)は、基本的に大歓迎です。その際、コメントを頂ければ幸いですが、勿論、コメント無しでも構いません。

3.ただし、記事の内容に関係のない、あるいは不適切なTB(アダルトTB含む)、コメントは予告無く削除させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

4.基本的にリンクフリーですが、ご一報頂ければ幸いです。
メニュー
Twitter Widgets
関連書籍
ブログランキング
にほんブログ村 ベンチャーブログへ
最新コメント
ぱどタウンティッカー
  • ライブドアブログ